ついに認定・CO2は大気汚染物質である By US EPA

政権交代はやっぱり必要である。

環境問題のような、どちらかというとマイナーな政治的問題に携わっているとつくづく思います。ブッシュ政権下では常に冷や飯を食わされてきたアメリカ連邦政府環境庁(US EPA)、オバマ政権にかわってから息を吹き返しました。およそどんな政権であれ、常に完全に理想的な判断ができるわけじゃない。それならば、定期的に優先順位を変えられる仕組みをつくって、水が淀まないようにすることは、バランスをとる上でとても大事だと思います。それが政権交代の役目ではないかと。

CO2が「大気汚染物質である」という認定、US EPAはこれまでも試みてきましたが、ブッシュ政権ではついぞ成功しませんでした。それが政権が変わって、やっと日の目をみました。

さて、CO2(厳密には京都議定書にある6つの温暖化ガス)が「大気汚染物質である」という認定がなぜそんなに大事なのか?これには、「法案」(Bill)と「法規・法令」(Regulation)の違いが大きく関係しています。三権分立、というのは学校で習ったと思いますが、その中の二つが立法と行政の独立。つまり、法律をつくる人と、それを実行する人がかぶってはいけない、この二つは完全に独立していないといけない、という原則です。立法府にいる人たちがつくるのが法案(Bill)であり、いったん通った法案を法規・法則(Regulation)にするのが行政府。例えば、「無断駐車は違法である」という法律が通ったとすると、「「無断」の定義とは○○である」「違法と決めるのは警察の役目である」「罰金は3万円とする」「支払いは、違反日から30日以内とする」などという細かい決まり(法規・法令)を全部決めて、執行するのが行政の仕事。

日本では官僚が法律を草稿したりしているのでこの前提は崩れているわけですが、アメリカでは少なくとも立法と行政の独立は機能していると思われます。ということは、行政府が欲しいような法律がつねに生まれてくるわけではないので、いったん通った法律を、その法律の範囲内で一生懸命解釈し、実行するのが行政府のお仕事、というわけ。

で、CO2ですが。

アメリカには、Clear Air Actという、大気汚染防止のための法律があります。US EPAは、Clean Air Actににおいて、US EPAが認定した「大気汚染物質」を規制する権限を与えられています。

つまり、CO2を大気汚染物質と認定し、それが認められれば、Clean Air Actの権限下で、US EPAがCO2を規制できる道が開けるというわけです。

もしそうでなければ、アメリカがCO2を規制するには、新たな法律を待たなければなりません。京都議定書にサインしなかったアメリカで、温暖化防止の法律が国会を通るにはどれだけの困難が待っているか、想像に難くないと思います。実際問題、温暖化防止の法律は、出ては消え、出ては消えしていて、今のところすぐにでも法案が通るという見通しはありません。

そんな中、CO2の「大気汚染物質認定」は、その困難な道を全部ひとっとびにとびこえて、US EPAが既存の法律の範囲内で、温暖化防止の規制をはじめることができる、という可能性を与えてくれるのです。あるのとないのとでは大きな違いです。そういうわけで、この認定は画期的なのです。

さて、政権交代のない日本は、この流れにどう対応するのでしょうか?

せっかく省エネなど世界一の技術があるのに、このアメリカの動きに乗り遅れたら、「温暖化後進国」どころか「蚊帳の外」になりかねません。ぜひこの流れについていって欲しいです。
[PR]
by kinky25 | 2009-04-18 12:59 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧