また山火事・・・サンタバーバラ

サンタバーバラといえば私が2年間暮らした地でありますが、そこでまた大規模な山火事。

南カリフォルニアの山火事の記事は、去年あたりもけっこう書いたのですが、まさに「また・・・」です。

b0069365_1372141.jpg今回は、五月初旬にもかかわらず気温が38度超までに達したほどの熱波と風で火が瞬く間に広がったそうです。サンタバーバラと言えば、爽やかな気候で有名。5月に38度というのはあり得ない高温です。

砂漠気候の土地は、温暖化が早く進むというのがセオリーですが、ここまであからさまだと恐ろしくなります。サンタバーバラにまだ住んでいる友人は、サンタバーバラの前にはロス郊外に住んでいて、合計の約5~6年の間になんと今回を含めて3回も山火事が家の近くまで迫り、避難する羽目に。

カリフォルニアといえば、旱魃・水不足も深刻化しています。カリフォルニアの人口と自然を支える水系も、大きな岐路に立たされています(興味のある方は"Sacramento-San Joaquin Delta"などで検索してみてください)。どんどんどんどん乾燥していけば、さらに山火事のリスクはあがるでしょう。

カリフォルニア経済を支える中部の農業地帯では、水不足のせいで農業従事者の失業率が深刻な状態。カリフォルニア全土の失業率は10%を超えています。

水さえあれば地上の楽園・カリフォルニア。でも温暖化がこんなスピードで進んだらいったいどうなってしまうのか。今の時点で自分のこととして心配している人は少ないと思いますが、連邦エネルギー庁長官のSteven Chu氏も警告をしている通り(彼の読みはかなりペシミスティックで、カリフォルニアでは早晩農業ができないぐらい旱魃が慢性化するとの見解)、早晩かなり危険な状態になるような気がしてなりません。

写真: 火事や熱波がなければこんなに爽やかなサンタバーバラ。この山並みのあたりが燃えたと思われる。
[PR]
by kinky25 | 2009-05-12 13:10 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧