専業主婦という「職業」を生んだ日本経済

今の職場で働くようになって、相当幅広い業界(行政、政治家、産業界、アカデミアなどなど)の人、それもそれぞれの分野で成功している人に接することが増えました。それで驚くのは、もはや「女性の社会進出」なんて言葉では済まされないぐらいにどこにもかしこにも女性が出世しているということ。私の同僚からして3対7ぐらいで女性が多いし、セメント、石油、電気なんていう男っぽいイメージの業界でさえも、必ず要職にたくさんの女性がいます。

b0069365_13333864.jpgその一方で、「専業主婦」という考え方はあまりないように思います。「Housewife」という言葉はありますが、無職で育児をしたりしている状態は、「She's not working right now.」、つまり「今は仕事をしていない」というふうに表現されます。一生仕事をしない、という前提がない、ともいえます。

一方、日本では専業主婦はある意味女性の職業の選択肢の一つです。「永久就職」なんて言葉もありましたし。

この違い、とても興味深いです。

最大の驚きは、専業主婦が女性の職業の一つになりえた日本社会、日本経済では、「一回した約束はずっと守るものだ」という価値観が何の迷いもなく信じられていた、ということ。女性が専業主婦という選択をするためには、「結婚という約束をしたのだから、夫がずっと私を食わせてくれるのだ」という安心感と、「雇用契約という約束をしたのだから、夫の会社はずっと夫を雇ってくれるのだ」という安心感が両方必要です。1人分の稼ぎで2人、3人、4人を何十年と養い続けるという、壮大な、そして逃げ場のない約束を、誰も彼もができていたということは、(冷静に考えるとすごいこと!)戦後の日本には両方の安心感がそろっていたということです。

それに引き換えアメリカ。もちろん離婚率も高いし、その後訴訟で泥沼の親権争い、というのも日常茶飯事です。さらに、会社は簡単にレイオフをするし、日本ではあり得ない公務員のレイオフもそんなに珍しいことではありません。結婚という約束も、雇用契約という約束も、当てにはならない。女性にとって専業主婦を選ぶにはリスクが高すぎる社会なのです。逆に、男性にとって無職の女性を選ぶことは、経済的な負担が増えるのでリスキーと言えるかも。

これ、世界的に見てどっちが普通かと言えば、今までの日本みたいに「二つの安心」が当たり前のこととして揃っていた社会の方が奇跡に近い気がします。男女間の関係では我慢し合い、添い遂げるということを実行でき、さらに経済がこんなにも長い間、途切れることなく安定して成長を続けてきて、会社が雇った人間を退職するまで雇い続けることが当たり前だった国、なんて、もしかして他にないのでは。

一回した約束をずっと守る、という日本人独特の美徳は、社会にも経済にも日本人の日本人たるゆえんを作り上げてきたものの一つのように思われます。

もちろん、マイナスの要素もあって、一回した約束を破れないがために、まんねりが関係を停滞させてしまう、ということも多いでしょう、男女関係であれ雇用関係であれ。

いずれにせよ、この「約束」という概念が急速に音を立てて崩れ始めている今、いろんな意味で本当の過渡期かもしれません、日本という国。
[PR]
by kinky25 | 2009-05-26 13:18 | アメリカ/カリフォルニア


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧