今年のグラミー賞

今年のグラミー賞は、いまいちぱっとしませんでしたね。

受賞者の顔ぶれも、パフォーマンスも、新鮮な驚きがなかった。ビヨンセの王者ぶりとか、PINKのシルク・ド・ソレイユみたいなパフォーマンスとか、マイケルの追悼とか、目玉はあったのだろうけど、想像の範囲内という感じで、音楽的に身の毛がよだつような感じはなかった。私の愛するMaxwellも一冠達成かつ歌も歌いましたが、ずいぶん緊張していたようでもあり、あまり大きなステージが似合う人でもないので会心の一撃とはいかなかったみたい。そして最後まで意味がわからなかったタイラー・スウィフト。数ヶ月前の何かの賞でカニエ・ウェストが茶々入れて大ひんしゅくを買いましたが、ちょっとカニエの肩を持ちたくもなりました。

そんな中で、「これ、誰?」だったのがこの人。

b0069365_1645138.jpg「レスポール」というギターで有名な Les Paulが去年亡くなったので、その追悼のステージがあり、そこでジェフ・ベックと共演して、ひときわ目を引いた女性ボーカリスト。

奇妙な巻き髪に時代錯誤な真っ赤な口紅。場末の売春宿のおかみのような迫力もあり、ちょっとハスキーですごく雰囲気のある歌声で、なぜかブルース・ブラザーズの映画の世界を思い出しました。

彼女の正体は、イメルダ・メイ。アイルランド出身のロカビリー歌手とのこと。
アイルランドというのがおもしろい。行ったことはないのだが、アメリカへの移民が多いせいなのか、アイルランドが舞台の映画では、いつもパブで古いアメリカのポップス--まさにロカビリーみたいなのがかかってた感じがあって、でも陰鬱なアイルランドでかかっているアメリカン・ポップスは、やはり底抜けに明るくは聞こえず、どこかうっ屈して地下に潜行していくようだった。

彼女のロカビリーもそんな感じ。スタイルはアメリカ産だけど、ソウルはアイルランドの空の下。

アメリカにこういったアプローチで切り込んでくるというのは、まさにエイミー・ワインハウスの第二弾という感じなのかもしれないが、エイミーほど生々しくグロテスクではなく、もっとシアトリカル。個人的にはエイミーよりもこちらが好みだ。
[PR]
by kinky25 | 2010-02-08 16:59 | 音楽


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧