Arigato Sushi

Sushiは大体どこの国でも完全に市民権を得ている。もちろんアメリカもそう。得に日本人の多い加州ではSushi屋はそろそろ過当競争のPhaseに入っているようだ。

でももちろんSushiはHigh-endの食べ物なので高い。回転寿司レベルの味でも値段はみどり寿司ぐらい(ビミョーやな~)ぐらいする。なので私はめったに行かない。え~この味でこの値段?ってなんだか損した気になるから。

でも先日広告につられて近所にあるアリガトースシに行ってみた。行ってみるとアリガトーなのはネーミングだけじゃなかった。なんと「全品半額」の店だったのである。ドンキじゃあるまいにスシ屋が全品半額とは、やけくそとしか思えない。ていうかメニュー書き直せば?

「全品半額」じゃなかったら、アリガトースシは「え~この味でこの値段?」大賞をとっていた。半額だったからよかったものの、やっぱりアメリカでは安くておいしいスシは食べれないと実感。

スシに限らずとにかく新鮮な魚がない。スーパーにおいてあるのは冷凍で養殖のが多くて、一切れ300円ぐらいしても臭くておいしくない。焼き魚なんか絶対無理。アメリカは広大な土地のわりに生みは東と西にしかないし、どこでとった魚でも輸送におそろしくコストと時間がかかるのだろうか。とにかく魚は希少品なのだ~。。。。ああ、脂ののったさんまが食べたい。

しかしである。もしスシがもっともっとはやり、アメリカ人が真剣モードで魚を食べ始めたらどうなるか。「アメリカにも安いスシ屋ができてよかったね~」となるか?
多分否。
2億人以上が真剣に魚を欲するようになったら、世界の魚市場は需要過多に陥り、魚の値段が一気にあがるだろう。魚は自然資源だからね。そんなに急に供給を増やすことができるわけもない。
これはすでにSurimiで起きている。「カニカマ」がヨーロッパやアメリカでちょっとしたブームになり、Surimiという名前で売られているのをご存知?おかげでカニカマの原料が高騰、紀文なんかが悲鳴をあげたという話。確かそれで練り物は値上がりしたはず。

つまり日本で安く新鮮な魚が食べられるのは、他の国民が魚を食べないおかげだともいえる!
魚を大切にしよう。
[PR]
by kinky25 | 2006-09-30 13:21 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧