アニヤ・ハインドマーチ大爆発記念 どーなってるんだエコバッグ。

アニヤさんのお陰で(USでもかなり話題に)、興味をそそられてエコバッグマーケットを調べてみた。どうやらアニヤがブレイクする下地は着々と進行していたようで、成長途上とはいえすでに棲み分けもできているよう。(このサイトをけっこう参考にしたので、製品全てUS寄りです。)

b0069365_12554318.jpg① 言うても普段使い
安いが、最低限の機能性(持ち手がしっかりしている、洗えるなど)は備えている。使う人を選ばないシンプルなトート型が多い。素材はコットンもあればビニールもある。ちょっと差別化したい場合はショップのロゴなどで。



b0069365_1315481.jpg② エコライフはナチュラルライフ。「地球にやさしい」は「体にやさしい」。とことんこだわります、オーガニック素材。コットンだけでなく、麻やジュートなども見受けられた。デザインはシンプルなトート型が多いが、ディテールへのこだわりなどはあり。素材(他にはリサイクルコットンや生分解性など)が高いので、値段は高め。エコグッズ専門店による販売が多い。



b0069365_1333291.jpg
③ エコだっておしゃれしたい。・・・・ってか?
気持ちはわかるが、ターゲット層を絞りきれておらず、中途半端なデザインのものが目立つなあ。値段、デザインまちまち。このセグメントが充実していないので、アニヤさんがヒットしたのかね。日本では、”DEAN&DELUCA”がイケてる、という情報も頂いたが、これはどっちかいうと④に入るかなあ。



b0069365_1335632.jpg④ ビッグネーム、大手続々参入。
左・エルメスは10万超。IKEA、ベネトンなど業種を問わず各社が続々参入中。トリンプが出している「No!レジ袋ブラ」(笑)もUSの記事でよく見かけた!この方々は③と違ってデザインもマーケティングもしっかりしているので、「製品」としてはそれなりのものが出てくるでしょう。「2匹目のアニヤ」は誰だ?後はどれだけ「エコ」に貢献しているか、企業の姿勢が問われます。その点では、先陣を切ってレジ袋を有料化したIKEAは評価したい。


とりあえずこのような感じです。二つ疑問がわきました。

① What's wrong with being a plastic bag?
アニヤさんは I'm not a Plastic bag.と言いました。でもちょっと待って。ほんとにプラスチックはダメなんですか?誤解を恐れずに言えば、エコバッグがプラスチックであっても全然かまわないと私は思います。エコバッグで一番大切なのは、同じ製品を何度も何度も使うことによって、「新しいレジ袋が湯水のように作られ、捨てられるのを防ぐ」(Displacement)ことです。
例えば、オーガニックは生産性が低いので、一つのモノを作るのにより多くの土地や手間が必要です。今でさえ食料が足りないので、オーガニックを増やすことは飢える人を増やす危険性をはらんでいます。対してプラスチックは、その生産工程はすごく洗練されていて、ムダが少ないとも言います。もっとも効率的に作られた製品を、なるべく長く使う、そしてきちんと捨てる、という意思であれば、プラスチック、ありだと思います。私はね。


② エコバッグをヘビロテで使うための問題点が解決されていない。
ほんとにエコバッグを毎日使おうと思ったら、まず解決しないといけない大問題が。

A. 「家を出るときに持って出るのを忘れる。」がーん。さっきまで覚えてたのに・・・
そこで私は↓に軍配を上げました。キーホルダーにつけとけるし、少々のストックがあるから無理なく携帯できます。デザインをもうちょっとがんばってクダサイ!そこんとこよろしく。

b0069365_1350292.jpgb0069365_1349026.jpg








B. 「ちょっとした買い物のときはいいけど、アメリカみたいに土日にまとめてカート一杯買うような場合には、小さすぎるバッグが多い。」
気に入ったのがなかったので自分で提案します。「冷蔵庫バッグ」。大ーーきなバッグにして、仕切りをつけるの。牛乳パックやねぎみたいな長いものを入れる場所、とうふや卵を他のものから守れる場所、などなど。大きいバッグになればなるほど、中でモノがごちゃごちゃし壊れたり割れたりするから。

まだまだニッチがあるんじゃないかな~このマーケット。参入してみたいなあ。売れないかなあ、冷蔵庫バッグ。

注)英語では、レジ袋も含めてビニール袋全般がPlastic bagです。「プラスチック」と書いたので、固い「プラスチック」を想像するかもしれませんが、レジ袋の素材もプラスチックということでお願いします。
[PR]
by kinky25 | 2007-07-27 13:41 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧