Carbon neutral? Carbon offset? Part2

カーボンニュートラル、続きです。

もしカーボンニュートラルやカーボンオフセットが本当に実現可能であるならば、それを実践すれば、温暖化は防げそうです。だって余計な炭素をいっさい出さないですむんですから。しかもカードでお買い物しながら。

そんなうまい話がほんとにあるんですかね?

カーボンニュートラルもカーボンオフセットも、「今」、「車の運転」だけを見るなら、実現可能かもしれません。でも、バイオエタノールっていったって、まさか野に咲くトウモロコシを摘んで来てそのまま車に突っ込むわけじゃない。トウモロコシを育てるのにも、さらにはトウモロコシをエタノールに精製するのにも、輸送するのにもエネルギーが必要。
ほんじゃあカーボンオフセットは? 森林は確かにCO2を吸収しますが、吸収力は 森林が若いときが最高で、年をとるにつれて徐々に下がり、枯れたらゼロに。

だから最悪こうなるかも。
b0069365_7184145.jpg

特にバイオエタノールは、現時点で製造プロセスがまだ成熟していないので、作るのに多くのエネルギーを必要とします。

じゃあカーボンニュートラルもカーボンオフセットもまやかし?

・・・まあそこまで言うつもりはありません。むしろ、そのような言葉が流行るのはいいことだと思います。第一耳触りがよくてキャッチー。多くの人々の注意をひくはず。実際 Live Earthではミュージシャンたちが連呼してました。

ただ、環境特に温暖化について、残念ながらそうそう「うまい話」、「おいしい話」はないのです。「地球にやさしい」とか「ゼロ・エミッション」、「カーボンニュートラル」なんていうのは、やっぱりマーケティングの言葉であって、とっても明るい未来が開ける感じがするけれど、実際にはやっぱり「全部が全部絵に描いたようにうまく行ったときの、究極の状態」であって、なかなかそうはならない。

だから、現実にはそこに近づく努力を地道にする以外に道はないわけです。Earth Rewardsのようなクレジットカードも、Greenマーケティングの手法として先鞭をつけてくれたところは評価できるけれど、下の記事のDel Mar(San Diego)みたいにその買い物のせいで一日にゴミを9キロも出してちゃ世話ないのです。
[PR]
by kinky25 | 2007-08-03 07:12 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧