Ecosystem Serivces - 地球はどうして生産キャパオーバーなのか

先日のエコロジカル・フットプリントですが、やっぱり「地球の生産能力はキャパオーバー」という部分のほうが大切なので、それを先に書きとめておきたいと思います。

b0069365_1391020.jpg「生産」、と聞くと、工場を思い浮かべます。「工場」とは?「原料」を調達してきて、それを使って「製品」をつくるところ、です。

もっと言うと、「原料」だけでも製品はできません。原料を加工しないとだめです。加工するためには、エネルギーや、化学物質や、水なんかが必要です。そして実際に作業する人。さらに細かく言うと、もっと色々なものが、実際の工場にはありますよね。プロセスを制御するコンピュータや、フォークリフトや、空調や、その他もろもろ・・・・。

洗練された工場だと、すごく複雑な仕組みになっていると思います。



b0069365_14512213.jpgでは地球(生態系)の場合はどうでしょう。出てくる「製品」は、わかりやすく食べ物を考えてみます。地球(生態系)を工場としてみると、食べ物の「原料」「エネルギー」「作業要員」に当たるものはなんでしょう?

「野菜」の原料って何?種?土????作業要員は、農家の人??「牛」の原料は?当たり前に答えられるようで、改めて考えると言葉につまります。






b0069365_1465724.jpgそれでも、一番答えやすいのは「エネルギー」でしょう。答えはもちろん、太陽エネルギー。太陽は、地球がInputとして受け取る唯一のエネルギー。逆に言うと、地球に入ってくる太陽エネルギーの量を基本にして、地球の生産キャパシティは設定されています。

では、「原料」は?食べ物を食べてできた自分の体の中に入っているものを考えてみると・・・・。脂肪や、血管や、血液などの体液、皮膚、髪、爪・・・。それらをどんどん分解していくと、最後には、化学で習った元素記号になります。C(炭素)、N(窒素)、P(リン)、Fe(鉄)・・・・。原料は、原子だった??

他にもCa(カルシウム)などいろいろありますね。ところで、よく考えてみると、現代ではこれだけサプリが発達しているのに、なぜ「窒素」のサプリがないのでしょう?結局私たちが食べているものは元素なんだから、食事のかわりに原子を摂ることにすれば、効率もいいし畑や海も使わないですみますよね。しかも、学校で習ったことを思い出してみると、窒素(N2)は、空気中に一番多く含まれている元素でした!だからサプリも要りません。呼吸すればいいだけ!

なぜ、それができないんでしょう??

実は、人間は、N2という形の窒素を摂取することができません。これができるのは、細菌などごく限られた種だけなのです。窒素固定(Nitrogen fixation)といわれるこの活動ができる種は、取り込んだ窒素を、今度は違う分子につくりかえて、食物連鎖の上の生物たちに渡します。その窒素は、さらにその上の生物にとりこまれ、ちがう分子につくりかえられ・・・・長い旅を経てやっと人間の食べられる形になり、「食べ物」という「製品」になるのです。

というわけで、この図の「作業要員」に当たるのは、「生態系」ということになります。彼らは自然界にただぼんやりと生きているわけではなく、いろんな役割を与えられているのです。彼らがその役割を粛々とこなしているおかげで、我々人間は「窒素」を「食べ物」として摂取できるのです。他にも、水をきれいにしてくれたり、死んだ生物を分解したり、地球が生産活動を続けるために必要な仕事が、ちゃんとさまざまな生物に与えられています。

これらの役割を、Ecosystem servicesと呼んだりします。このサービスは、今まで「タダ」「当たり前」と考えられて、あまり大事にはされてきませんでした。注目を集め始めたのはやっと最近のことです。なぜ注目を集め始めたかというと、このサービスが劣化し始めたからなのです。「原料」「エネルギー」が一定で、「作業要員」が減ったら、どうなるか?そう、できあがってくる「製品」が減ってしまう!それで人間は急にあわてているわけです。

人間がやっている工業活動、特に温暖化の助長は、確実にこのEcosystem Serviceに影響を与え、「作業要員」を減らしつつあります。このままつき進むと、激減のおそれもあります。だから自分のエコロジカル・フットプリントを把握して、それを小さくする努力をしよう、というわけです。それが「作業要員」の保全につながり、自分たちの身も守ることになるわけです。

この話はスケールが大きいので時間がかかりますな。次に続きます。
[PR]
by kinky25 | 2007-09-16 15:09 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧