四角いアタマを丸くする。(古っ!)

先日行ったサンディエゴで、またまたゴミ埋立地(Landfill)ツアーに参加しました。巨大なLandfillで、土地のバカ高いサンディエゴですごいなあと思いつつ、もはや野外工場とでも呼ぶべき大がかりなリサイクル活動を見学しました。

b0069365_434660.jpg

ここはいろいろ問題のあった施設だそうで、その一つが、この場所がたくさんのNative species(土着の種)の生息地であったこと。その中には、Endangered Species(絶滅危惧種)も含まれているということで、Landfillをつくった後もずっとRestoration(回復)のための活動がいろいろ行われています。ちなみに、サンディエゴにはカリフォルニアでもトップを争うたくさんの数の絶滅危惧種がいるそうです。

このRestorationを促進するために、このLandfillにはなんと専任のBiologist(生物専門家)が雇われていました!環境庁で働き始める前は、ゴミの埋立地でのお仕事、と聞いても、ゴミ収集車を誘導したり、掃除をしたり、とそれぐらいしか思いつきませんでした。我ながら想像力ないな。でも、埋立地にBiologist。なんてクリエイティブなんでしょう。

b0069365_48013.jpgb0069365_491040.jpg生態系と一言に言っても、それは土地土地で大きく違います。家々と言っても個別の家の中身や住人が全く違うように、一つの生態系は私たちが思うよりずっと小さな半径で独自性を保っています。このBiologistは、この土地の生態系を知り尽くしています。その上で、もともとあったNative speciesの生息地を戻そうとしているわけです。それは例えば、埋め立てが終わったLandfillの区画の上に、Native plantsを植えることであったりします。なのでこのLandfillには専用の苗木コーナーがあって、彼が全部それをタネから育てているんです!おもしろいことに、野生のタネは、例えばリスや鼠などの小動物に食べられて、おなかの中を通って出てくることによって発芽しやすくなる、などの特性があるそうです。彼はそういうのを全部知っていて、電子レンジでタネを温めたり、いろいろな方法を駆使して自然の状態に近い環境をつくろうとしているのです。そういうテクニックは、生物学の基礎に経験をブレンドして培われたものなんですね。ここにもあった、匠の技。

先日、Ecosystem Servicesの話をちょっと書きました。我々が野菜や魚を食べられるのも、気がつかないところでいろいろな生物がこまごまとした仕事をしてくれているからだ、と。でも、今のところ、経済のしくみにはこのEcosystem Servicesにお金を払って保全する、という機能がありません。これは大問題です。サービスがどんどん劣化しているのに、手をこまねいてみているしかないんですから。

でもこれからは、LandfillがBiologistを雇う、というような柔軟な発想で、Ecosystem Servicesを守る人たちの雇用を拡大することが必要だと思います。アメリカはこういうところが柔軟でクリエイティブだと思います。拍手。ただ、今のところ経済にはその仕組みがないので、これはまずはお役所の役目でしょうね。(このBiologistも郡か市の職員です)お役所のみなさん(あ、私もでした・・・)、アタマを柔らかくしてあたらしい形のエコ雇用をどんどんつくってください。ダムなんか要らないから、そういう公共事業をやってほしいなあ。
[PR]
by kinky25 | 2007-10-20 02:03 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧