中田のキラーパス? そして今更「温暖化って何よ?」

中田ヒデが、「カーボンオフセット年賀」に登場!IPCCの報告書は全然ニュースにならないけど、ヒデのこのニュースはYahooでもヘッドラインを飾りました。やっぱり有名人に勝るPRはないのかも。さてナイスアシストとなるか。ゴールを決めるのはあなた!(ベタですんません)

ところで、シリーズでIPCCのことを書いていますが、そうはいっても「温暖化」の何がそんなに問題なのか、いまひとつぴんとこない方は多いと思います。「地球の平均気温が数度上がる」、たったそれだけのことが、どうして地球の未来を左右するのか?例えて言えば、「風邪をこじらせたら、40度以上の熱が出ることもある。それはそれでしんどいだろうけど、死ぬかも、死ぬかもって大騒ぎしすぎじゃない?本当に致命的な病気になるのかな?」という感じでしょうか。では「温暖化」は「風邪」なのか、考えてみましょう。

b0069365_12534563.jpg
これが、簡単な地球システムの図。左が太陽です。地球というシステムは、太陽の光だけをインプット(エネルギー源)としています。当たり前ですが、もし太陽がなかったら、地球は死の星です。太陽というインプットを得て初めて、「青い地球」というアウトプットが成り立ちます。「青い」というのは、生き物がいて、水や大気が循環している感じを思い浮かべてもらえればいいと思います。

さて、太陽というインプットを得た地球は、ただまったりと日光浴しているわけではありません。太陽は大きくなったりしないので、エネルギー源となるインプットの量がほとんど変らない、という問題を抱え、日々努力しているのです。「どうやったら一定のインプットから最大限の生産性を達成できるか?」を毎日考え、最適化を実践し、何万年もかけて進化してきています。会社と同じですね。仕入れの値段が変わらない中で、コスト削減やプロセスの効率化を図って、利益率を上げるために努力する様子とよく似ています。

「最適化」を実践するのは、いろいろな生き物たちです。細菌、バクテリアから人間まで、植物から動物まで、何万、何千万という種の生き物たち。前にも書きましたが、この生き物たちは、これまたまったりぼんやり生きているわけではなく、必ず地球の生産性を上げるための役割を持っています。それが光合成だったり、窒素固定だったり、食物連鎖で栄養を上位の生物に受け渡すことだったりするのです。これをエコシステム・サービスと呼んだりします。
b0069365_136215.jpg

このシステムを設計し、QAを繰り返して最適化するには、何万年(かもっとかわかりません)の歳月と、気の遠くなるようなパラメータが必要でした。まさに超高度に設計された、、、そうですね、原発のシステムか何かを想像してもらってもいいと思います。

このシステムは、最適化の部分は複雑で、そこから出てくるアウトプットにもいろいろな形があります。でも、一つだけ変わらないものがあります。インプット=エネルギー源です。地球というシステムは、インプット=100(今仮に100としました)、という決まった値を出発点としているのです。実際は、インプット=100のうち、少しは地表に反射してしまい、大気中を通り、システムの外に出てしまう。最終的に地球へのネット・インプットとなるのは82(仮の値ですよ!)。・・・・というような一連の流れを全部計算して、それをベースに設計されています。なので、この中の何かが狂うと、大、大、大原点である「地球へのネット・インプット」を狂わせてしまうのです。

b0069365_1350335.jpgもうおわかりですね?そう、温暖化ガスは、太陽からのインプットのうち、地表に反射して大気中に戻った空気を吸収してしまうのです。もちろんそれはまた地表に戻ってきます。結局、温室効果ガスのせいで、地球の「ネット・インプット」が増えてしまったのです。

インプットが増えるだけが問題なら、「風邪」みたいに「一つの病気」と言えるのかもしれませんが、実はインプットが増える=システム全体が狂う、ということなのです。強固なシステムほど、もし「想定の範囲外のエラー」が起こったら、全体が麻痺してしまうのではないでしょうか。それと同じように、地球システムにおいてインプットが狂う、というのは、全てを狂わせる「想定の範囲外のエラー」=致命傷になるのです。水の循環、大気の循環、全てが狂って、洪水や台風が増えたり、天気が安定せず旱魃や豪雪が頻繁に起きたりするようになる、というのはそういうことなのです。

つまり「温暖化」は、「風邪」、という一つの病気ではなく、むしろ、システム障害という体全体の機能不全の、症状の一つ、という感じなのです。

というわけで、我々はすでに狂い始めたシステムの上に住んでいることになるのです。村上春樹流に言えば、「やれやれ。」というところです。


注)短くするために、かなり大げさに、また、はしょって書きました。ほんとはもっとだいぶ複雑です。もし興味を持っていただけたら、ぜひネットでいろいろ調べてください!!

最後まで読んでくださってありがとうございます。この「温暖化」の現状、正直「聞きたくない」話なのか、それとも興味ある話なのか、ぜひ知りたいです。少しでも興味を持ったという方はぜひ下のバナーをクリックしてください。コメントもお待ちしてます!
b0069365_11462711.gif
[PR]
by kinky25 | 2007-11-21 13:30 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧