ナノテクと発癌性

ナノテクの中心素材であるカーボンナノチューブは、NECの研究所で発見されました。世界的なこの発見、日本人の手によるものなんですね。しかしながらその開発は、アメリカなどが日本よりも進んでいるようです。このナノテク、とにかく粒子が小さいので(ナノとは1ミリの百万分の1!)、生体や環境にどんな影響があるか、未知の部分が大きいです。

b0069365_1527480.jpgナノテクは、技術開発と環境評価が同時に行われている初めてのテクノロジーと言われています。今までは、開発して、使ってみて初めて毒性があることがわかり、それから対策を考え始める、というパターンでしたが、ナノテクの場合は、一応生産が大規模になるかなり前の段階の現在、すでにいろいろな環境評価が行われています。

その評価の一環として、日本の研究所でのマウスを使った実験で、ナノチューブに発癌性が認められたとのこと。実験方法が特殊なので、だからといってすぐ人体に影響があるかどうかは確定できない・・・・ということだそうですが、少なくともよくはないということでしょうし、人間以外の生物や環境への影響も気になります。

ナノテクの環境への影響をわかりやすく解説したページを見つけたので貼っておきます。カーボンナノチューブは、電極なんかに使われていて、エネルギー効率がおそろしくいいので、大容量小型電池素材のホープでもあります。一方、化粧品に使われている「ナノ」は、酸化チタン、酸化亜鉛や銀の超微小粒子だそうです。今回発癌性が発覚したのはナノチューブなので、化粧品は大丈夫かと。

個人的にカーボンナノチューブで心配しているのは、その小ささと、「難分解性」。ものすごく安定した構造で、めったなことでは壊れないので、いったん環境に出てしまったら、何百年何千年と残るのではと言われています。もし数十年後にもっと研究が進んで、「ナノチューブ、やっぱりよくない。」となったとき、どうやって対処するのでしょう。土壌や大気に含まれて点在している1ミリの百万分の1のナノチューブを、回収しようったってそう簡単にできるとは思えません。もし「吸い込んではいけない」なんてなったら、ガスマスク着用でしょうか?ガスマスクでも1ミリの百万分の1はシャットダウンできないかな?焼却すればいいと聞きましたが、もし環境に出てしまったら、焼くのにも限界があります。

小さいことはいいことだ、と最近よく書いていますが、小さいことにも限度ってものがあるような気がします。

参考までに、US EPA(アメリカ連邦政府の環境庁)のナノテクの定義を下に貼っておきます。

1.Research and technology development at the atomic, molecular or macromolecular levels, in the length scale of approximately 1 - 100 nanometer range.
2.Creating and using structures, devices and systems that have novel properties and functions because of their small and/or intermediate size.
3.Ability to control or manipulate on the atomic scale.
[PR]
by kinky25 | 2008-03-08 15:20 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧