カルビーのシリアルから外箱が消えた。

カルビーといえば、「さやえんどう」がアメリカのスーパーに普通に売られているので今でもよく目にしますが、シリアルは食べたことなかったです。

そのカルビーが、シリアル製品の簡易包装の一環として外箱を廃止したんだそうです。

b0069365_13324945.jpg
これ、ずーっといろんな会社にやってほしいと思っていました!だって外箱って、基本的にすぐゴミになるから。(購入後も含めて)輸送さえ気をつければ、外箱って基本的には広告・マーケティングのためのツールでしかないのですが、逆にそうだからこそメーカーもそれを省略するなんて考えもしなかったと思います。もちろん、外箱を止めたために「中身がつぶれた」とクレームをつけられて、交換やら要求される率が増えるというリスクも負わないといけませんし。

でも、お菓子だろうが化粧品だろうがシリアルだろうが、外箱って私はうっとうしいと思っていたので、他のメーカーも真似したらいいなと思います。

究極には、スーパーの陳列棚で販売する場合は、一番手前の商品だけが外箱(化粧箱)に入っていて、選ぶときはそのパッケージを見比べて買えるけど、実際手に取るのは2列目以降の外箱なしの袋入りの製品、というふうになればいいのにな~と思います。このカルビーのシリアルを見ても、パッケージの印刷は箱と同じようにされてます。でも手前だけ化粧箱、というふうにすれば、2列目以降の袋の印刷はもっともっと簡素化できるわけで、そうすれば、箱だけでなく、インクや印刷にかかるエネルギーも削減できます。さらに、袋(たぶんプラ)をリサイクルするときも、余計なインクが載っていないほうがリサイクルしやすいと思うのです。

最初は中身が硬いものから始めて様子を見、だんだん拡大したらどうでしょうね。

どれぐらいブーイングがおきるでしょうか?あるいは売り上げに影響するでしょうか。最初にやって大々的に「この製品は超エコです!」と宣伝したら、逆に売り上げ上がる可能性はないかなあ。もちろん最悪でもコストは削減できます。

沢尻ナントカさんの彼氏は業界の仕掛け人らしいですが、その人も「ITの次はエコ」って言ってるらしいですからぜひ(笑)誰か手をつけてみてほしいと思います。
[PR]
by kinky25 | 2008-04-07 13:36 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧