食糧不安:「耐えて工夫して」とはまた。

去年から私もちょくちょく書いてきた食料不安が、ここにきて急激に加速しているようです。福田総理は「しょうがないことなので、耐えて工夫して」と言っているらしい。

政治の世界に「耐えて」とかの精神論を持ち込むところが日本らしいなあ。アメリカでそんなこと言ったらそれこそ「炎上」でしょうね。でもせっかくなのでこの発言を分析してみます。

b0069365_13551528.jpg① 「しょうがないことなので」・・・・本当にしょうがないの?
ある程度はしょうがないです。私も再々書いているとおり、地球の生産規模は限られているのに、それで激増するミドルクラスの人口を(BRICなど)養い、バイオエタノールを生産し、はたまたカーボンオフセットで植林までやる、となれば、地球が何個あっても足りません。政府に文句を言ったところで、政府が地球を増やせるわけではないので、食い扶持が減るのはある程度「しょうがない」と思います。飽食に別れを告げ、自給率を上げることが早急に必要です。

② 「耐えて工夫してください」・・・・・お前もがんばれよ?
民間の努力も必要でしょう。でも、ここは政府のふんばりどころじゃないんでしょうか。石油の高騰、食糧の高騰が示すものは、「これからは経済構造のインプットが変わっていく」という結論です。例えば、今の経済構造が、100のインプットから150を生み出す規模を前提にできあがっているとすれば、そのインプットが、これからは80に、70に・・・・とだんだん減っていく分岐点に、今我々はいるわけです。しかも重要なインプットのほとんど(石油、食糧、金属資源など)は輸入に頼っているわけですから、こんな不安定なことはありません。

Yahooのニュースに、「東海地方のモーニングが食糧高騰で危機」というのがありました。喫茶店はぎりぎりの努力をしているけど、値上げすれば客が離れるし、値下げすれば利益が出ない。どうしようもない。ということでした。

b0069365_13564986.jpg端的に言って、ものの値段が上がれば、それを買えるだけの購買力のある人の数は減ります。なので、食べ物の値段が上がれば、外食できる人の総数が減るのは自然の原理だと思います。モーニングが350円だったときは100人の客を10軒の店で争っていたのが、450円になれば50人の客を10軒で争わないといけなくなる。であれば、「企業努力で5人の客でも採算がとれるようにしなさい」という話なんでしょうか、福田さん?

それは絶対に間違ってますよね。残った50人の客に対して、10軒ものお店が報われない可能性の高い努力をしないといけない、なんておかしいです。50人しか客がいないんだから、もはや店は5軒が限界かもしれないのに。この状況、大きな視点で見れば、今後は「外食産業」に従事できる人の数が減っていかざるを得ない、ということじゃないんでしょうか?だってマーケットが縮小していくのですから。じゃあ外食産業で働く人たちを路頭に迷わすのか?

それも間違っています。

産業を再編成するしかないんじゃないでしょうか?

農業の見直し。代替エネルギー産業の創出。日本が海外で勝負できる産業の再検証。

「報われない努力」を強いられる人の数を減らし、インプットの減少に柔軟に対応できるような産業構造を、今徹底的に考えないと、あっちでもこっちでも、下がる給料で残業しまくっても結果が出ない、というような閉塞的な状況に陥ると思います。

福田さん、あなたも工夫してください。たのんます。
[PR]
by kinky25 | 2008-04-13 13:27 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧