自転車もプリウス戦略で。

b0069365_14254280.jpgアメリカ人は自転車が好き。といっても、ハードコア自転車限定です。ティラノサウルスのようなヘルメットをかぶり、ピタビタテラテラのサイクリングパンツをはいて、クルマ顔負けの速度で「シャカーーーーシャカーー」と飛ばしていくような、あーいう自転車。

いくらカーボン・フットプリントを減らしたいといっても、運動神経が鈍い上に幼児を連れている私には、この自転車はどう考えても無理すぎでした。ママチャリプリーズ・・・・と誰にも聞こえないところで一人叫んだものです。

ところが、最近のガソリンの高騰で、車に変わる交通手段が突然注目を集めるようになりました。すると、あれよあれよという間に多種多様な自転車とバイクと小さい自動車を街で見かけるように。そして、ママチャリとまでは行かずとも、メット要らずでちんたら漕げるような自転車が進出してきたではありませんか!

こういうタイプの自転車は、Cruiserと呼ばれるそうです。普通の気合満々自転車が時速30キロは余裕で出していそうなのに対して、Cruiserはまさに街をちんたら流すのにうってつけ。

クルマに乗らない、という選択肢を初めて真面目に考え始めたアメリカ人、いろんな用途に合わせた二輪車や小さい車の重要性に、ようやく気がつき始めたのかもしれません。

といっても、このマーケットはまだまだ開発途上です。

日本の自転車やバイク、どんどん売り込めるチャンスではないでしょうか?

まず、電動自転車は全く見かけません。あと、ママチャリ(子供をかごに乗せれるやつ)も全然ありません。原チャリ(50cc)も未開拓かと思われます。交通法などの法的な問題もあるのかもしれませんが、とにかく今のところ供給が全然ない分野が目白押しのアメリカの二輪車マーケット。この原油高におされて一気にブレイクしそうなので、入り込むなら今では?

日本の二輪車はいろいろいいのがあるので、ぜひ積極的に展開して、車におけるプリウスぐらいのイメージ戦略を二輪車でも成功させて欲しいという気がします。


Photo by luxomedia
[PR]
by kinky25 | 2008-08-17 14:21 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧