カテゴリ:アメリカ/カリフォルニア( 103 )

Yosemite National Park

週末、ヨセミテ国立自然公園に行きました。

なんてところでしょう。自分でも少しは撮りましたが、とてもじゃないけどこの凄さをとらえることなどできません。ヨセミテに魅せられ、ここに住んで写真を撮り続けた、Ansel Adamsの名作をお楽しみください。

b0069365_12335365.jpg


ヨセミテは、二つのプレートがどかんとぶつかりあって土地が隆起した場所です。隆起した山の間を、U字型に谷が貫いています。この隆起が想像を絶するのです。何百メートルも(もしかしたら千メートル以上も)、ほとんど垂直に隆起した岩肌。バランス感覚を失うほど、威圧的なまでに大きい。その頂上から降り注いでくる滝の数々。谷底にいると、まるでそそり立つ岩に飲み込まれたようです。

b0069365_1239464.jpg
畏怖の念。

恐ろしくすらある圧倒的な厳しさと美しさ。

もともとここには、インディアンが住んでいました。厳しいゆえにあまりにも美しい自然の中、寒さ、深い雪、熊などの危険と、何千年も共存してきた人々でした。ところが、この美しい場所を発見した白人たちは、インディアンを捕まえて追い出し、ほかの場所に閉じ込めてしまいました - 自分たちが楽しむために。

そんな悲しい歴史もあるヨセミテです。

ここまで暴力的に大きな自然を、ほかには見たことがありません。


photo above from http://www.afterimagegallery.com/adamsportf3bridalveilfall.htm
photo below from http://www.valpo.edu/artmuseum/adams.html

[PR]
by kinky25 | 2008-05-06 12:47 | アメリカ/カリフォルニア

時代は日本を通り抜けた?

サクラメントの隣町、Davisには、UC Davis(カリフォルニア大学デービス校)があります。そのUCDで、Earth Dayの前日にPicnic Day(要は学園祭みたいなもの)というのがありました。学園祭とはいえ、UCDはやはりこのあたりでは一番大きな大学なので、大盛況。

びっくりしたのは、アジア人の多さ。

特に中国系。

日本でも何年か前に話題になった「法輪大法」が、大きなブラスバンドを編成してパレードに参加していたり、あちこちで中国語が飛び交っていたり、とにかくびっくりするほどたくさんでした。下手すると、会場にいる客(卒業生多し)、学生含めて30%ぐらいはアジア人・・・・つーか中国人か?おーいここはどこ??UCDに特に中国系の学生が多いのか、いまどきはどこのアメリカの大学もそうなのかちょっとわかりません。UCSBではそこまでアジア系の学生を見た記憶がないので。

b0069365_1457436.jpg数だけでなく質の面でも、例えばアカデミックの世界では、最近はどんなプロジェクトにもほとんど中国系の人がいます。MBAだって日本人はもうほとんど取らないらしいし。アジア枠は中国系にもっていかれてると。とにもかくにも、時代は中国なんです。2018年のW杯も中国なんだとか?

日本は完全に通り過ぎられた国かも。


日本の中にいると、日本と中国の関係性って20年前も10年前も変わってないように錯覚するかもしれませんが、外から見てると大きく変わってるのがわかります。

世界でのプレゼンス(当社比)
10年前 → 日本5対中国3
今     → 日本1対中国5かそれ以上

という感じがします。これは認めないといけない事実だと思います。世界の生産工場、資源大国、人口、世界にはりめぐらされた華僑ネットワーク、何をとっても日本とはスケールが違います。

さらに、日本にはあまり上がり目がない。賞味期限を過ぎた国かもしれません。個人ではがんばっている人がたくさんいると思うんだけど、国としてはジリ貧。

圧倒的な中国の人たちの勢いを目の当たりにして、かなり危機感を覚えました。いえ、中国と張り合わないといけない、という意味じゃなくて、「日本、思ったより落ちぶれてきてる?」というのが、巨大化する中国との対照で際立って見えるような気がして。


がんばらねばー。



写真は翌日のEarth Day@Sacramentoです。
[PR]
by kinky25 | 2008-04-22 14:55 | アメリカ/カリフォルニア

カリフォルニア・ダービー!Sacキングス対LAレイカーズ

実は2週間も前の試合ですが、一応見に行きました、Kobe Bryant。

北CALと南CALは仲が悪い、という話を前にちらっと書いたのですが、どうやら意識してるのは北CALの人だけで南CALの人は意に介しちゃいない、という気がしてきました。京都対東京に似てます。古都のほうはいろいろ思い入れや歴史があるので、新都に対して「いやいやこっちが本流ですよ」みたいなプライドがある気がします。新都の人は新しいものを取り入れるのに忙しく、古都のことをかまってるひまがなかったりするんですけど。

京都=州都やサンフランシスコがある北CAL。
東京=LA(華やかなハリウッド)がある南CAL。

b0069365_1555627.jpg
というわけで、キングス対レイカーズは、ライバル意識剥きだし、伝統のカリフォルニア・ダービー。必要以上に白熱し、必要以上にドラマが起きる、というカードです。屁たれな試合を続け、客が減る一方だった今シーズンのキングスですが、さすがにレイカーズ戦だけはソールドアウト。・・・・・・と言っても、今のキングスファンにあるのは「こちとら北CALだかんね」という、バスケットボールに全く関係のないプライドだけ。実力では大きく水を開けられており・・・・・ライバル視っていうのもこっぱずかしいぐらい。

そうはいえ、やはりレイカーズ戦ということで、会場はヒートアップ。コービーがボールを持てば嵐のようなブーイング。なかなかおもしろかったです。

で、コービーですが。何でしょう。この人はほんとに頭が小さいです。↑(中央)見えますか?もしかして10頭身いってるかも。

コービーぐらいの選手になると、ちょろい試合なんかけっこう手を抜いてプレーしてます。

で、追いつかたり雲行きが怪しくなってきたら突然チャージして、ものの5分10分で試合を決めて勝ってしまうのです。先日も別の試合でたらたらやっていたら、監督に「コービー、早いとこ片付けんでどうする」と怒られて、ムっとした勢いで最終クオーターに30ポイントぐらい取って勝っちゃった。あれができるのが本当に一流の選手だなあといつも思います。

80%適当にプレーしても、あとの20%で帳尻を合わせる自信があって、しかも本当にそれができてしまうのです。レブロン・ジェームズもそうです。試合中ほとんどぶらぶらして鼻ほじってたかと思うと、急に加速して1分でゴールを決めてしまう往年のロナウドとか。

一流のスポーツ選手、一日でいいからなってみたいです。どんな気分だろうな。
[PR]
by kinky25 | 2008-04-18 15:13 | アメリカ/カリフォルニア

プチ差別への賢い対処法。

カリフォルニアは移民が多くてオープンな土地柄ではありますが、やはりそれでもアジア人であるというだけで違う扱いを受けることはあります。

私が特に感じるのが、あからさまな「差別」ではないんですが、「無視」。至近距離にいるのに、まるで存在しないかのように扱われる。「私の世界に、あなたは入っていないのよ」と宣言されているのか、それとも相手にしていないからほんとに見えてないのか?真相は謎。

b0069365_14463844.jpg環境の世界って、think globally, act locallyなんて言ったりして、視野が広くて思いやりがある人が多いようなイメージがあったのですが、アメリカにおいて実は環境の分野は圧倒的に白人が支配する業界だというデータもあります。なので、学校でも職場でも、何かしらビミョウに排他的な雰囲気はありました。

そして最近私の部署に入ってきた男性が、あからさまに「徹底的に無視」型の人。

まあこういうのは、海外に住む際には避けて通れないことです。さらに、何かされたわけでもないので、この程度で済むならいいほうでしょう。相手にしないことです。

・・・・・と割り切るのが理想でしょう。

でもこれが人間。やっぱり目の前でやられるとムカっとするし、やり返したくなる衝動にもかられます。もちろん大の大人なのでそんなことはしませんよ。さりとて、ガンジーやキング牧師のように昇華することは並大抵の精神的鍛錬じゃできないなあと思います。頭が下がります。

いじめや差別はやったほうは覚えてないけど、やられたほうはいつまでも忘れない、というのはほんと。現に私だって今頃こうやってブログでねちねち書いているわけですから(笑)

なんか愚痴みたいになっちゃいましたが。いけないいけないと言ったところで、やっぱりこういう差別は完全になくなりはしないだろうな、と思います。であれば、どう効果的にそれを克服していくか、やっぱり前もって考えておくことが大事です。国としてもそうだし、個人としても。

個人としては、やられていやなことは人に絶対しない、ということを肝に命じることと、機会があるたびに日本のことについて人に話すこと。そのためには自分の国のことを勉強しておかないといけません。プラス、人の話も聞き、人の文化を尊重すること。もちろん、白人だけじゃなく、あらゆる文化を知る努力が必要だと思います。こんなにITが発達して、Youtubeで世界の映像が同時に見れるような世の中でも、よその国のことって思ったより知らないものなんですよね。お互いを知り合う努力は、一方にその気がない場合は、もう片一方が倍努力しないといけないんです。試行錯誤、失敗だらけ、長い道のりだ。

私も世の中知らないことのほうが多いんですから、まだまだ努力が足りん、ちゅうことでしょうね。自戒の機会を与えてもらったと思えばいいお灸でした。
[PR]
by kinky25 | 2008-04-11 14:36 | アメリカ/カリフォルニア

びっくりするぐらいおいしくないタマゴ

イースターネタ(遅)です。

b0069365_82202.jpg今年はもうすぐ2歳のうちの息子もイースターのエッグハントに参加しました。エッグハント、私はおもちゃの卵で中にお菓子なんかが入ってるのだと思ってたら、本物のゆで卵に色を塗って、それを探すのだということが判明。

当然とった卵は持って帰って食べるわけです。

息子は周りの争奪戦ムードにかなり気おされてたじたじしながも、4つとってきました。

もったいないから食べました、その夜。

・・・・・・・・まずい。

めちゃめちゃまずい。

グループで催すエッグハントは、「1家族1ケースタマゴをもってきてください」という感じで、タマゴ持参で集まります。家族によっては、イースターシーズンに何ケースもタマゴのお世話になることでしょう。

ということで、多分イースター用のタマゴは安く生産されて、直前に安く大売出しされるのではないかと思われるのです。シーズン需要をあてこんでの大売出し、というのは今に始まったことではないのですが、タマゴの叩き売りとなると、どんな状態でにわとりを飼って、何を食べさせているのでしょうか。

全然知識がないので想像ですが、安い飼料を普段よりたくさん食べさせて、短い間隔でタマゴを産ませるとか?ほんとはもうタマゴを産むことから卒業しないといけないような年のにわとりにタマゴを産ませるとか?

何が起こっているのかわかりません。

ただいえることは、イースターのタマゴは激マズでした。

劣悪な環境で無理して産んでくれたであろうにわとりさんに申し訳ない。でも2つ目食べれなかった。

こんなことやっちゃいけないんじゃないかなー。こんなことならおもちゃのタマゴでいいんじゃないかなー。
[PR]
by kinky25 | 2008-03-31 08:00 | アメリカ/カリフォルニア

手前ビア第一号とホップの球根

b0069365_12181151.jpg手前ビア第一号、無事完成。

おそるおそる飲みました。

ところこどろ間違えたにしては・・・・おいしい!このブログにもよく遊びにきてくださるrousseさんが「手前ビア」と呼んでいらっしゃいましたがまさにそのとおり。自分で作ったらおいしいのなんの。ほんと手前みそでスミマセン。

今までビールの「鮮度」について深く考えたことはなかったのですが、新鮮なものはおいしいみたい。香りと舌触りがいいのです。

これであのうっとうしいビンのリサイクルから解放されるのもかなりうれしいです。(2ヶ月に1度仕込めば、買わなくてすむ、という皮算用。ただ夏場は暑すぎるかも・・・・)

b0069365_12222518.jpgネットで注文していたホップの球根も到着。丸い球根を想像していたら全然違いました。ただいま冷蔵庫で土下ろしを待っています。ジップロックのバッグにそのまま入ってきました!これまた過剰包装なしでいいですね。ジップロックは再利用できるし(笑)

ホップは蔓がものすごく高く伸びるのだそうで、グリーンカーテンにするために西日がきつい窓の前に植える準備をしています。ビール用ホップとしてはもっともポピュラーであるらしいCascadeを4株と、病気に強くどんどん育つというWillametteを2株。

ビールづくり、なかなかにグリーンじゃないですか。しかも楽しいです。

それでは今夜も乾杯!

ところで、日本では個人で1%以上の酒を造るのは違法なんだそうです。つまらない法律だ~・・・・。
[PR]
by kinky25 | 2008-03-26 12:25 | アメリカ/カリフォルニア

Happy St. Patrick's day!

今日はセント・パトリックス・デイ。聖パトリックはアイルランドから蛇を追い払った聖人・・・・というきちんとした由緒もあるそうですが、世の中的には、緑の服を着てパレードを見物し、アイリッシュパブでギネスを飲む日でしょう。

貧しさのためアイルランドからアメリカに移民したが多いということで、白人の中ではアイリッシュ系アメリカ人の数はけっこうマジョリティだと思われます。サクラメントでも一応パレードがありました。

b0069365_12441942.jpg
アイリッシュ系のグループが順調に通り過ぎていくも・・・・どうやら20分ぐらいでネタがつきたもよう。

b0069365_12515013.jpgb0069365_12522497.jpg











しばらくすると、「とりあえず緑のものかぶって歩いとけ」てな調子に・・・。さらにアイルランドに関係ないじゃん!サクラメント名物・マカロニウエスタン登場(お約束)。あれ、今日は何の日だっけ?

b0069365_13132940.jpgb0069365_12581882.jpg










b0069365_12584367.jpgb0069365_12585733.jpg







さらに、セント・パトリックスデイがGreenの日なので、それにこじつけて、Green(エコ)な演出もありました。リサイクルボトル君と、燃料電池自動車、水素自動車、ディーゼル自動車。
・・・・ていうかディーゼル、ガス食いまくりのでかいトラックだし・・・。企画力不足なのはまあご愛嬌。

アイルランドといえば、まずサッカーのアイルランド代表を思い浮かべてしまう私です。「アイリッシュ魂」、踏まれても踏まれても雑草のように立ち上がり、泥臭く魂でプレイする姿に、世界中にファンの多いアイルランド代表ですが、やはりこうやってアメリカのすみずみまででもアイルランドの日を祝わせてしまうほど、強い魂を持った人たちなのかもしれません。

セントパトリックスデー的なお祝いで、ドイツやイタリアやイギリスを祝う日はないですもんね。(あるのかな?)やっぱりアイリッシュ魂だ。乾杯。
[PR]
by kinky25 | 2008-03-18 13:08 | アメリカ/カリフォルニア

サクラメント名物・恐怖のターキー屋敷!

・・・・に立候補するつもりもないのに、なぜかヤツらに気に入られたらしい我が家・・・・。

ヤツら、このあたりをパトロールしているらしく、我が家には2日に1度ほどの割合で出没してます。最初のうちは、いくら顔が怖くても、それなりに遠慮しいしい・・・・というニュアンスもあったのですが、最近はふてぶてしいのなんの。
b0069365_13255847.jpg


今日はみんなで輪になって、タンジェリンの木の下でお昼寝。
どう見てもくつろぎすぎでしょーーー。(しかも数増えてない???)
さすがに立ち止まって写真を撮る人がいました。

あのーーー、ここは私のうちなんですけど・・・・。そろそろおひきとり頂けるなんてことは・・・ありませんでしょうか・・・・。

という蚊の泣くような叫びもむなしく、羽広げて・・・何をしてるんでしょう?グルーミング?何でもいいけど

お願いだから早く帰ってください(泣)
[PR]
by kinky25 | 2008-03-17 13:28 | アメリカ/カリフォルニア

Heirloom tomatoとビールの瓶詰め

トマトの種って見たことありますか?

b0069365_14531268.jpgやっぱりあれが種なのね。と思いました。ちょっと産毛が生えたような、ぺらぺらとうすーい、ゴマより一回り大きいぐらいの種。

去年から狙っていたHeirloom tomatoを植えたのですが、近くに苗を売っているところがないので、種をとりよせたのです。Farmers' marketに行くとたくさん売っているので、このあたりではかなり生産しているはず。それでも苗が売ってないのは、最近ひたひたと世界中を包囲している、大手アグリ会社(モンサントなど)による種の特許とりまくり問題に関係あるのかな?全くわかりません。調べてみよう。

さて、種からトマトを植えるのは初めてなのでうまくいくかわかりません。発芽はけっこう暖かい温度を好むようで、芽が出るまではプランターをビニール袋でおおってあげるように、と書いてありました。

Heirloom tomatoは名前がいろいろあって楽しいんです。できてくるトマトも個性的です。

b0069365_14544049.jpg夜は、ビールの瓶詰め。発酵させていた初バッチです。味見してみましたが、腐ってはいないようでした!途中間違えたし、これから一週間以上寝かせるのでそこでまた味が変わるのかもしれませんが、初にしてはまあまあじゃないかな?途中瓶が足りなくなって、ジャムの瓶につめました。これは無理かも・・・・まあダメもとで。

ジャムの瓶にビール、家だけだろうな・・・。
[PR]
by kinky25 | 2008-03-16 14:54 | アメリカ/カリフォルニア

ワイルド・ターキーご一行 家の庭を徘徊中!

ちょっと前に近くの自然公園にいる野生のワイルド・ターキーの写真を載せたんですけど、なんとヤツらが、最近家の前にたむろしてます!

b0069365_1453371.jpg


・・・・・・・アメリカン・リバーといううちの裏を流れている川が、例の公園のほうまでつながっています。七面鳥って飛びませんよね??川を伝っててくてく歩いてきたのではないかと・・・。ヤツら、家の周りを徘徊するようになって数日になります。

5,6羽でのんびり散歩としゃれこんでいるのはいいのですが、そのペースで道路を渡ったりしてるのでひやひやです。あと、顔が怖い・・・・。ていうか怖い。この写真は、ターキーたちがあまりに我が物顔で庭を占領しているので、びびって車をドライブウェイに入れられず、彼らが去るのを待ちつつ車の中から撮りました。ぶれてますか?びびってます・・・。

こわいよ~。大きな鳥ってこわい・・・・・。


それにしても、庭に七面鳥って。サクラメントって田舎だ。
ていうか、150年前まで「ほぼ」未開の地だったっていうのは、こういうことなのかも。
[PR]
by kinky25 | 2008-03-12 14:07 | アメリカ/カリフォルニア


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧