<   2007年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Holly's Hill / Somerset, El Dorado County

Somersetのはずれ、2軒目はHolly's Hill。前出のワイナリーでお勧めされました。

正直言って、よく覚えていません・・・・。昔はけっこう飲めたのにもうだめだなあ。・・・ていうかテイスティングなんですけど、どうしてももったいないので全部飲んでしまうんです。

b0069365_13461528.jpg谷を見下ろす格好の場所にあって、とてもいいロケーションでした。

私たちが行ったとき、ヘンなおじさんの客がいたんですが、帰った後私たちの前でさんざん「ヘンな人だったね~信じられない!」としゃべりまくってました。えらく気さくです。

肝心の味ですが、悪くなかったと思いますが、まじでよく覚えていません。なんだかなあ。でも、来て損はないと思います。

b0069365_1346035.jpg
















このあたりのワイナリーはどこもBaby friendlyです。おもちゃがたくさん置いてあったりして。なので子供づれでも気軽に行けるのがいいです。

「行った」っていうだけの、ダメな絵日記みたいな記事になってしまいました。
[PR]
by kinky25 | 2007-08-29 13:46 | サクラメント

Miraflores/ Somerset, El Dorado County 

Lake Tahoeからの帰り、またワインテイスティングに行きました。今度は、Apple HillとI-50をはさんで反対側にあるSomerset方面。

具合が完全によくなっていなかったらしく、2軒回ったらすっかり悪酔いして家に帰り着くやダウン。テイスティングでこんな失態、ありえない。情けない。しかも、仕入れた情報全部忘れてしまいました。

今回は、Somersetのはずれのほう。一軒目Mirafloresb0069365_1343489.jpg新しいワイナリーです。初めてボトル出したのが2003年といってたと思います。

このごろは、Napa/Sonomaがあまりにも大きくなったので、もっとのんびり好きにワインをつくろうと、こっち方面に移ってくる人も多いそうで、ここもそんなワイナリーの一つなのか、オーナーさんの知り合いがそうなのか、そんな話をしたんだけど記憶にもやがかかってます。

デザートワイン(あま~い)もけっこう充実していました。PortとMuscadetを試飲。

普通のワインではPetite Sirahが人気のようで、Sold outでした。今年ものは12月にリリースされるらしい。それにもかかわらず、珍しく白を購入。Viognier 2006年もの。ハーブのような香りがすごく強くて気に入りました。そんなに辛口じゃないんだけど、この香りで甘さが中和されてる感じ。

いいワイナリーでした。
[PR]
by kinky25 | 2007-08-29 13:43 | アメリカ/カリフォルニア

Stevie Wonder @ Harvey's outdoor arena, South Lake Tahoe

すごく間が空いてしまいました!先週は子供からもらった風邪により絶不調で、PCの前に向かう元気もなし。体をひきずって仕事に行く有様・・・でも週末充電できました!泊りがけで、Stevie Wonderの、実に10年以上ぶりの北米ツアーを観に行ってきたのです。

いや~行ってよかったです。

b0069365_1312261.jpg

あんなに楽しいコンサートは久しぶりでした。白人から黒人、若者から年寄りまで、人種を越え、年齢を超えたオーディエンスが、楽しそうに歌い、踊りまくるの図。いろんな意味で、心のバリアフリーな瞬間でした。

実は日本でも一度観ているんだけど、オーディエンスもおとなしく、踊るというよりも聴き入る、という感じでした。すごくよかったんだけど、「レコードと同なじだ~」というのが一番の感想だったのです。

今回はアウトドアという開放感と、Stevieで育った世代と現在の若者たちのパワーが混然となって、Venueは星空ディスコ(70年代アルバム中心にやったので)と化してました!写真(ボケボケですが)でわかるように、ステージ上には演出らしいものは何もなく、バンドはひたすら演奏、演奏。客歌う歌う、踊る踊る。他には何も要りませんでした~。

あ、途中スティービーのおもろトークもけっこうあったのですが、残念ながら私はほとんど理解できず(泣)。ちなみに写真はステージを降りる前、挨拶をしている彼。横の女性のどっちかが、Isn't she lovelyの赤ちゃん声で有名な娘のAishaさんのはず。バックコーラスで参加していました。

親バカですが、今回は、息子にみせてやりたいというのもひそかな希望でした。泣いたりしたらすぐ外に出れるように後ろの席を取って、スリングに入れて寝んね体勢万端で向かいました。最初はびっくりしてましたが、寝入りながら手拍子したりしていたので、少しは記憶に残ってくれるんじゃないかと。うらやましいなあ、人生初めてのコンサートがスティービー・ワンダーなんて。

セットリストを見つけたらUpしたい所存。
[PR]
by kinky25 | 2007-08-28 13:13 | 音楽

Heirloom Corn

トマトがおいしかったので、今度はトウモロコシのHeirloomを試してみました。

これはまた何と。

「おいしい」というか「おいしくない」というか、評価がわれそう。

b0069365_12575743.jpg昔のインディアンの人たちが作っていたような、粒によって白、黄色、紫なんて具合に色が違うHeirloomもありますが、今回のはまっ黄色なその名もTrue Goldという種類。

見た目はかなり黄色っぽいトウモロコシだな、という程度で、そんなに違った感じはしないんですが、ゆでてみてびっくり。

めちゃChewy。粒を包んでいる皮もかなり固いし、中のトウモロコシ部分も噛み応えがかなりあって、水気が少ない。甘さはあまりなく、トウモロコシの香りが前面に出てます。お店でも「not so sweet but very "corny"!」と書いてありましたがその通り。

昔のトウモロコシってこんなだったのか~と思いました。品種改良って、すごいもんなんだな~とも。今ではトウモロコシといえば皮やわらかく、ジューシーで甘い。こんなに違うとは。うーーーん。へーーーー。何かすごくうなってしまいました。

そういえば、買うときに「オーガニックのトウモロコシに慣れてます?」って聞かれました。もちろんNoと答えました。そしたら、「外の皮が全部ついたやつは、中に虫がいるんですよ。切ったのこちらにあるけどどっちにします?」

もちろん切ったほうにしたけど、やっぱりオーガニックって大変なんだなあ。ありがたく頂かないと、と思いつつも、「中の虫はトウモロコシを食べないの?どうやってきれいに駆除するの?ちなみにどんな虫?」などの疑問がわいてきた。聞けばよかった。今度聞いてみよう。
[PR]
by kinky25 | 2007-08-27 12:56 | アメリカの野菜

飽食ニッポンはいつまで安泰?

2006年度の日本の食糧自給率はなんと39%!そして一番打撃を受けるのは、都市生活者。

まず、39%という数字に、そして、「買う」という方法でしか食べ物を調達できないたくさんの都市生活者が瀕しているかもしれない危機に、背筋が寒くなりました。

個人的には、温暖化の影響で日本にとってもっとも深刻なのは、食糧問題じゃないかと思っています。温暖化によっていろんなことのバランスがくずれた環境下では、食糧生産量が世界的に低下する可能性が多々あるので。ただでさえ海からは魚が消えているわけだし。そんな状況で、自給率39%の国の未来やいかに?

b0069365_14161654.jpgさて、食糧生産が低下する要因として考えられるのは、
* 水問題 → ある地域では旱魃、ある地域では豪雨、豪雪など。これからは、おそらくさらに激しい頻度で起きるようになります。質、量ともに低下。

* 耕地の劣化、不安定化 → 耕地に適した作物、気候と周囲の環境のバランスが崩れてくるので、生産状況が読めなくなる。(いつ、何を、どこに、どれくらい作る、という長年のノウハウが効かなくなってくる)

* 伝染病の増加 → 人だけじゃなくて、動物間、植物間。畑もだけど、家畜のほうがずっと深刻かもしれません。

* 食糧の転用 → バイオ燃料、プラスチックなど、温暖化防止のために食糧が食べ物以外に転用される。これはすでにマヨネーズの値上がりなどで目に見える。

* 人口増加 → いっそうの乱獲。無理な耕地の拡大による土地の劣化。もちろん食い扶持が増えるから一人当たりに回ってくる量が減る、ということでもある。

今、思いつくだけを書いているのでまだ他にもたくさんあると思います。

まあとにかく、これだけいろいろな不安材料があります。世界の穀倉地帯といわれるような場所に、どれか一つでもどかんと起こったら、「世界飢饉」的なものが起きる可能性もあるかもしれません。

そんなことが起こったら、どの国も真っ先に輸出を減らして、国内に食糧を留めようとするでしょう。そしたら日本はお手上げです。もし全く輸入がとだえたら、現在の39%の食糧で何とかしないといけないということです。

何とかなるわけもないです、39%では。

・・・・・・・・どうするんでしょう、本当に。

今から準備しないと間に合わないと思います。

「一番打撃を受けるのは都市生活者」なわけなので、経済構造を変えて、みんなが半サラ、半農みたいな労働形態にするとか。土地がたりないので、高層ビルで農業とか。で、午前中はオフィスワークで午後は畑とか。荒唐無稽に聞こえるかもしれませんけど、こればっかりは何とかしないと、そのときになってからでは、遅すぎです。
[PR]
by kinky25 | 2007-08-26 14:11 | カンキョウの話。

Natural Food Co-op Sacramento

週末は、息子を初めてのプールに連れて行こうとはりきっていたのですが、本人が調子悪くて取りやめ。そこらへんを地味ーにうろうろしています。

同じところでばかり買い物していると飽きるので、Natural Food Co-op Sacramentoに行ってみました。場所はサクラメントのDowntown、Alhambra&Sです。当然ほとんどオーガニックですが、野菜はバカ高い!何も買えず・・・。

b0069365_13492271.jpgGolden Trout(国内養殖) 一尾$8!
勇気が要りました~買うのに。一尾1000円近いんだもんね~。でも、今までアメリカで見てきた魚に比べると、値段の割りにとてもきれいだったから。

念願だった「塩焼き」にしました。私は、新鮮でおいしいなら、魚は塩焼きが一番好きなのです。でも塩焼きっておいしくない魚だと、臭くて食べられないので、今までアメリカではできなかったのです。


あぁ夢の塩焼き。(オーブンで焼いたけど・・・)おいしかった・・・・。二人+チビで一尾食べきれなかったので、結果としてはそんなに高くなかったな。


b0069365_13524834.jpgもしかしたらWhole Foods Marketよりも量り売りが充実している。量り売りって何であんなにテンションあがるんでしょう。また買い込んでしまいました。右は、調理時間が超短くておいしいので最近よくお世話になっているクスクス。下はポレンタの粉。で、左が初めて買ってみたQuinoaというGrain。帰ってネットで調べたところ、南米原産で、すごく栄養価が高い穀物だそう。健康食品として注目されているようです。

日本ではキノアとかキヌアとか呼ばれているみたいです。


b0069365_1350930.jpg15分ほどゆでればいいだけと、準備は至って簡単。この「ぷちぷち感」をお届けするために、ズームインで・・・・。食感は、「海ぶどう」とかあれ系に近いと思いますが、くせはあんまりないのでサラダなんかにいいみたいです。

簡単に、オリーブオイルと塩こしょうぐらいで味付け。きゅうり、りんごにウオールナッツと、しゃりしゃりCrunchyな食感のものと和え、チーズとマヨで味を足して、以上終了。なかなかおいしいです。「栄養価が高い」のが高ポイント!
[PR]
by kinky25 | 2007-08-19 14:13 | サクラメント

何でやるの~?

久しぶりに我が家ネタなのに後ろ向きです。

今朝、会社に行こうとしていたらお隣さんがノック。

何だろうと思ったら(普段全然交流がない)、

「家の前の歩道にガラスの破片がたくさん落ちてるし、車がないから、盗まれたんじゃないかと思って。」と。

我が家は、父さんが私より早くでるので、私が家を出るときには彼の車はないのが通常なので、それを説明すると、「それならよかった。心配だったから」と言って去っていきました。

b0069365_11582717.jpg見に行ってみると、お隣さんが言った通りかなりの量の破片が路上にばらまかれていた。

父さんに電話して確認みたところ、やっぱり破られてました、運転席の窓。運転席の窓なし車を運転して仕事に行ったらしい。

実は、数ヶ月前にも家の前に停めていて車を盗まれた哀れな父さん。しかも盗む価値ナシのボロ車。

そのときは一月ほどして、なんと5ブロックぐらいしか離れていない近所に乗り捨てられているのが発見されたのでした。つまらないもの(CDだかなんか)がなくなっていただけ。

今回は、CDどころか何も盗られていなかったって。

・・・・どっちも、盗むのが目的じゃないらしい。

愉快犯なの?

同一犯なの?

何でそんなことするの~?

とか言ってみたけど、あんまり驚いていない自分が怖い。。。。

つい1月ぐらい前も、2軒となりのおうちの前に停めてあった車を、真昼間に盗もうとしていた若者がいたらしい。そのおうちのご主人が気がついて車は無事だったとのことなんだけど。自分が3年間何の事件にも巻き込まれてないのが奇跡に感じる!
[PR]
by kinky25 | 2007-08-18 11:46 | アメリカ/カリフォルニア

スタバのコーヒーは本当に高いのか?

飛ぶ鳥を落とす勢いだったスタバ、最近元気がないらしい。原因は、最近の度重なる値上げと、急成長した会社に見られがちな「慢心」なのかな。スタバの価格設定は高いのが売りだけど、マックやダンキンなどが対抗して出した低価格のコーヒーが受けて、お客がそちらに流れたりもしているらしい。

スタバは、一連の値上げを、サプライチェーンのコストが上がったことと、特に牛乳の値段が上がったこと、としているそうです。スタバのホームページを見てみたけど、残念ながら値上げについての説明はありませんでした。

b0069365_1375195.jpgさてさて、スタバといえば、「働きたい会社」の類のランキングで常に上位、環境問題を含むCSR(企業の社会貢献)にもすごく積極的なので、ブランドイメージがとてもいいと思います。私も、高いコーヒーにはそれなりのワケ(フェアトレードで生産したコーヒーとか)があるのだろうと思って買っています。会社のいいイメージにプレミアを払っている感じ。

そのスタバが値上げするからには、それなりの理由があるはず、とスタバの肩を持って解釈してみると、確かにアメリカでは牛乳の値段が上がっている。スーパーでも、「最近牛乳高いなあ」と思う。1ガロン(約3.7L)$4ぐらいかなあ。オーガニックなんて高くてちょっとムリ。


牛乳に限らず、実はアメリカでは農作物全般が値上がりしている。燃料の値上がりと、耕地がバイオ作物(燃料にするためのトウモロコシとか)と取り合いになって競争が激化しているのが原因。

ふーん。

でもよくよく考えて見ますと、「燃料の値上がり」も、「バイオ燃料作物との土地の取り合い」も、そのうち解決できるような問題じゃないです。だって、Stop the 温暖化と言うならば、「安い化石燃料をがんがん使う」ことをやめて、「バイオ燃料」を推進しないといけないわけだから。本当に温暖化対策に取り組むなら、どっちの問題も「これからはそういう時代」という前提でビジネスを考えないといけないのではないのでしょうか。

そうはいえど、スタバの値上げはかなり批判的に受け取られているようで、逆にマックの低価格コーヒーが消費者に受けているようです。でも、はてさてマックはどうやってその低価格を実現してるんでしょう。化石燃料を安く燃やしてるんでしょうか。農薬たっぷりのコーヒーを使ってるんでしょうか。何でしょう。私にはわかりませんけど、でも、「安い」って結局そういうようなことなんですよね。どこかにからくりがある。

コーヒー一杯$4とかが、普通の値段になる日も近いような気がします。これからは、今まで普通に買えてたものが、けっこう贅沢品になっていくんじゃないかなあ。
[PR]
by kinky25 | 2007-08-17 13:01 | カンキョウの話。

カーボンオフセット: 使用上の注意。

“カーボンオフセット” 検索でこのブログにいらっしやる方が増えているので、カーボンオフセットその3です。

カーボンオフセットとは、出してしまったCO2を、植林などで相殺しようという試みです。植物は生きている間はその体内にCO2を貯めることができるので、植物に吸収してもらおうというわけです。世界中で急激にはやりつつあるので、すでにたくさんのNGOなどがカーボンオフセットのサービスを提供しています。大体こんな仕組み。

1. 自分が出したCO2の排出量を計算する。
2. その排出量を木に貯めるためには、何本の木を植えなければならないかを計算する。
3. お金を払って植林してもらう。

今どきは1,2,3とに簡単できるサイトがたくさんあります。カーボンオフセット、環境家計簿、などで検索してみてください。(ちなみにCO2の排出量を計算するサイトは、英語ではCO2 calculatorとかglobal warming calculatorなどと呼ばれてます。)
多少のちがいはあれ、基本的には、どのサイトも、電気、ガソリンなどのエネルギー使用量と、ゴミの量から推定する消費活動でCO2の排出量を計算します。日本では大体1人当たり年間7トンぐらい。アメリカだと10トンぐらい。ヨーロッパがその中間ぐらいの値が出ると思います。日本は優秀ですね。これにはいろいろな理由があります。省エネが進んでいる。資源がない。製造拠点が海外。原子力発電が多い、などなど。

b0069365_121466.jpgさて、自分が出したCO2の排出量がわかった所で、早速オフセットしてみましょう。私はこれを試してみました。すると、1トン当たり3本植えないといけないとのこと。年間7トン出したとすると21本。人生80年で1680本。日本全体1億人分なら……すごい本数!

早く植え始めないと間にあいませんな! じゃあ早速・・・・といく前に、ちょっとこれだけ。



木にもいろいろあります。たくさんCO2を貯めることができる木、そうでもない木。ついつい結果を急ぐと、たくさんCO2を貯めることができる木を、たくさん植えてしまいそうです。例えばユーカリやケナフ。しかし、たくさんCO2を貯めることができるからと言って、どこでにもユーカリやケナフを植えていいんででしょうか。

すべての土地は、ちがう性質を持っています。土壌、地形、気候、降雨量…。土着の生態系は、そういう要素をずーーーーっと経験してきて、それに最も適した構成になっているわけです。最も適した、ということは、最もサバイバル能力が高いということです。それをおしのけて, 外来種であるユーカリなどを植えてしまうと、生態系のバランスが破壊され, 土地が脆弱になってしまう可能性だってあるのです。そうなったら、木だってすくすく育つどころじゃないでしょう。

これは重要なポイントですが、木はいったん枯れてしまったら、貯めていたCO2を出して しまいます。なので、森が死んでしまったらオフセットは終わりです。だから、作った森は強くて長生きでなければなりません。でも、強くて長生きする森を作ることと、CO2 をたくさん吸収する木を植えることは同じではないわけです。CO2吸収力に限らず、生態系や森の経営管理は非常にデリケートでむずかしいもの。しかも、失敗してしまったら元の健康な生態系を取り戻すのは至難の技です。

もしこれを読んでカーボンオフセットに参加する参考にされるならば、ぜひ たくさんのサイトを比較して、その土地の生態系をよく知っていて、地域に密着した” サステイナブル” な植林活動をしているところを支援してあげてください。
[PR]
by kinky25 | 2007-08-15 07:20 | カンキョウの話。

フレンチトースト

Breakfast屋さんが好きです。朝に甘いものは、胃にじんわりしみわたってうまいです。

Breakfast屋さんというのは私の勝手な呼び方です。"Breakfast午後1時まであります"とか。"Breakfast一日中やってます"というお店のことです。ファミレスでいうとiHOP。パンケーキ、フレンチトースト、ワッフル、Blintz、が甘い系の定番。卵とベーコン、ソーセージがついてきて、甘い甘い、しょっぱいしょっぱい、と言いながら食べます。シロップとホイップバターと生クリームは、なるべくたくさんかけるべし。

・・・・朝から体に悪いこと間違いなし。

母親がよくフレンチトーストを作ってくれたので、いまだに好きで自分でもよく作ります。昔母は、「固くなったバゲットを食べるためにお母さんたちが工夫した料理なのよ」と言っておりました。

その後学生時代にパリに住んだので、カフェなどでフレンチトーストを探してみたんですけど、見当たらなかったんです。フランスで「フレンチトースト」って言うのは、日本で「日本うどん」っていうような感じだろうなと思ったので、違う名前のメニューもけっこう観察してみたんですが。・・・クロックムッシュが一番近いぐらいで、探せなかったのでした。

b0069365_1473969.jpgでも、アメリカのBreakfast屋さんには、ほとんど必ずフレンチトーストがあります。でも、バゲットじゃなくて食パン(←)。スーパーには「フレンチトースト用」食パンが売っています。



・・・・あれ? 「固くなったバゲット」が材料じゃなかったんだっけ?・・・・しかも、そもそも「食パン」ってイギリスのパンじゃないか?フランスで食パン型のパン、見たことないような気がする・・・・遠い昔だから忘れているのだろうか・・・・イギリスに「フレンチトースト」ってあったっけな・・・。それとも母情報がガセネタ?でも日本のデニーズのフレンチトーストって微妙にバゲットっぽいパンだったような。

う~ん・・・・フレンチトーストってどこから来た食べ物なのだろう。

PS 写真はインターネットから持ってきました。私のじゃありません(ゴメンナサイ)。
[PR]
by kinky25 | 2007-08-13 14:17 | アメリカ/カリフォルニア


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧