<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

若者のオトナ度

私の職場にいる20代の若者たちを見ていて、目からうろこがおちることが多々あります。若者ってこんなに仕事できるんだ・・・・と。

もちろん、彼らが優秀であることは間違いないのですが、それにしても私が大学出たての新卒だったころは社会の仕組みなんて何もわかっていない子供だったし、ほんと右も左も・・・・。という感じでした。勉強は多少はしたけど、社会のことはからっきしなので、1から10まで教えてくださいってなもんです。会社のほうにも、新卒が即戦力になるという概念はなかったし。

それに比べ、わが職場の新卒は、いきなり入ってきて引き継ぎも指導もほとんどゼロに近い状態から、自力で与えられた仕事を咀嚼し、進め、必要なことを勉強し、おとなたちと対等に議論し、りっぱな書面をつくり、プレゼンし・・・・。と。ほんと中堅やそれ以上と変わらない働きぶり。

ぶっちゃけ私なんかよりずっといい仕事をしているわけで、我に返ると落ち込んで、愚痴大会になりそうですが。なんで彼らがあんなに成熟しているのか、について最近考えているのです。

自分のことを振り返ってみると、大学卒業するまで、多少のバイトはしましたが、社会に出ているおとなたちと定期的にかかわって活動したり話をしたりという機会は全然といっていいほどなかったし、もちろん「おっさんやおばさんと話してもしょうがない」という気持ちもありました。なので、おとなと仕事をしていくということに対して、何の準備もなかった気がします。

どうしてそこまで純粋培養みたいなことになってしまったのか、改めて考えてみると、日本って、人々は同じ年代の人同士でグループわけされて、ほとんどその中でつるみます。子供、若者、おとな・・・・、いくつになっても、だいたい同年代のみで固まっていて、そのほかの年齢層と交流しない。閉じられた小さい世界から出ることをせず、それ以外の年代のグループに対する免疫を全然つけないような状態になっている。

アメリカに来てみると、それがものすごく流動的なのが印象的です。たとえば、びっくりするほど家族の交流が深いので、みんなしょっちゅう家族親戚で集まりますが、その集まりにも子供から大人までみんな参加型。

スポーツ、Fundraising(資金集めのイベント)、課外授業、サークル、ボランティアなども盛んで(これは実は、日本で言う内申書の点数が高くなるからという側面もある)、そういうのも子供、若者、おとなが同じグループで活動したり。もちろんアルバイトも盛んですし。

とにかく、年齢の垣根が日本よりもずっと低くて、いろんな場面であらゆる年代が入り乱れて活動している。そのせいか、「おじさん、おばさん」という概念がない気がします。単に世代が自分よりも上だから拒否する、という考え方がないような。

その結果何が起こるかというと、子供や若者が、疑似社会、疑似職場みたいな環境に早い時期からなじんで、その中でどう動いていくか、何をどう吸収していくか、ということを自然と覚えるような気がします。だから精神的に成熟するのが早い。

さらにん、「飛び級」という概念のある国だから、どんなグループ、集まりでも、期待の若手は、若くてもどんどん重要な仕事を任され、ものすごいスピードで成長していく。

若い力を、早くから存分に伸ばす土壌がある、ということなのかな。

えー、結論としては、彼らを見ていて本当に後悔の念にかられているのです。体力もあって頭もスポンジのように何でも吸収できる若いときに、もっともっとちゃんと努力しとけばよかった。多少の勉強はしたつもりだったけど、バブルの学生だったからひどいもんです。若さを無駄遣いしたなあ、もったいなかった・・・と。だいたいが後悔体質なのですが、さらに後悔入ってる今日この頃。

もちろん後悔は先に立たないので今からでもさらにがんばるしかないのですが、それとは別に、人間が幼稚化しているといわれる日本では、年齢でわけて固まる制度を全体的にやめて、もっと縦につながるしくみに変えることは、けっこう大きなカンフル剤になるのではないか、と、思ったりしています。
[PR]
by kinky25 | 2009-10-30 16:13 | アメリカ/カリフォルニア

負けるべくして負けたオリンピック招致

全然状況のわからない門外漢なので、偉そうなことは言えないのですが、日本がオリンピック招致に成功するとは、とても思えませんでした。

今日本の外から日本を見ていると、日本がもう「旬」の国じゃない、というのがよくわかるからです。

もう少しぶっちゃけてしまうと、「終わってる国」という感じで、人々の眼中に入ってない。

2002年オリンピックを開催した中国、2014年ワールドカップと今回2016年のオリンピック誘致に成功したブラジル、その次あたりに来そうなインド・・・・。やはり世界は今、BRICsの一挙手一投足に注目しています。

数年前から、アメリカの大学はMBAに日本人を取らなくなっている、なぜならアジア人枠を中国人に開けたいからだ、という話もありますし、実際、アメリカの大学だけとってみても中国人の進出振りはすさまじいものがあります。

そして、修士号保持者が世界一多いとも言われるインド人は、シリコンバレーを始めとするIT分野ではすでに一大勢力です。こっちでソフトウエアを買ってカスタマーサービスに電話すると、電話を受けるのはインドのコールセンターだし。

資源大国ブラジルの動きも目が離せません。


1980年ごろの日本も、世界の目にはこういう感じに写っていたのかも、とも思います。とにかく、勢いでは完全に負けてます。芸能の世界でも、恋愛の世界でも、一回落ち目になったら、上がり馬と同じ土俵で勝負しても、絶対に勝てません。

日本が今するべきことは、五輪誘致にお金を使うことじゃなくて(勝ち目のない戦に思える)、国の経済を建て直すためにお金を使うことじゃないのでしょうか。五輪は一過性のものだから、五輪を呼べば日本がどうにかなるというものでもないと思いますし。

例えば大学を何とかするとか。ポスドクの問題なども深刻だと思います。高等教育はきちんと守らないと、国は立ち行かないと思います。
あと、私としては、世界一の座を奪われた太陽発電の技術などへの投資にも一票入れたいし。


次の誘致も、出なくて正解と思います。2002年ワールドカップという思い出があるだけでも上等では。
[PR]
by kinky25 | 2009-10-05 15:29


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧