<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アメリカの「景気低迷」とは何なのか

最近とんとこのブログを更新していないのには、非常に忙しかったこと以外にも理由がありました。それは、景気が悪いせいで「温暖化防止法」がすっかり悪者になってしまい、へたすると今の高い失業率は温暖化防止のせいである、とする論調まであって、がっかりさせられることが多いせいなのです。どうもモチベーションが上がりません。

そして、この高い失業率の元凶である住宅バブルの崩壊とそれに伴う景気低迷は、カリフォルニアでも深刻。失業率は10%以上、ローンが払えなくなって家を失う人が続出。食うにも困る人がいるというので、レイオフがない我々の職場でも、職員同士の食べ物の寄付のし合いが行われているというぐらいなんです。

でも、ぶっちゃけていいでしょうか。

私、完全には同情できません。これをもしアメリカ国民に聞かれたら袋叩きに会うでしょう。それでもやっぱり、いまいち理解に苦しむのです。

どうして1年や2年失業するかもしれないというリスクを考えないで、どうして貯金がないのに、そんなに無理なローンを組んだの?どうしてそんなに大きな車を買ったの?そのばかでかいテレビはどうしたの?

正直言ってそう思ってしまいます。日本には分相応という言葉があります。お金のことで言えば、自分の収入に見合ったお金の使い方をしなさい、ということだと思います。でも、数年前の住宅バブルのころは、誰もそんなことしてませんでした。猫も杓子も車も家もありえないぐらいの大きなローンを組んで、電化製品でも何でも買いこんで。

いわば完全出世払い、とでもいえるお金の使い方。

出世するあてもないのに、です。しかも現実は出世どころか、バブルの崩壊というツケまで払うことになったのだから、その結果が惨憺たるのも当たり前のような気がします。小さな声で叫ばせてください。「だから言ったじゃ~ん!そんなローン最初かっら払えっこないって!」

アメリカの経済は、一時が万事「出世払い」型に思えて仕方がない今日このごろ。来年は収入があがる、来年は経済がもっと成長する、それを勝手に見込んで今お金を使うから、すぐなくなるし、借金もあっという間に雪だるま。平均的な家庭の支出も、(家の大きさ(どうして猫も杓子もプールのある家に住めるのか?)、車のグレード(SUVや巨大トラック率が異常に高い)日本やヨーロッパに比べて格段に大きいように思われ、それが分相応でない場合、そのツケが今、無理して買った物件の「差し押さえ」となってあらわれているような気がします。

ミドルクラス以上のアメリカ人が、みんな20%小さい家にすんで、20%小さい車にのって、20%小さい冷蔵庫を使えば、反対派ががやがや言ってる現在のCO2削減なんか、あっという間に達成できるはずなんです。そして、20%小さくしたところで、それでもまだまだ日本の家や車よりでかいはず!!

そしてそれは、とりもなおさず「出世払い」のマインドを改善して、分相応な経済をつくりなおす布石にもなるのでは。

しかしこれを日本に発信しても意味がないわけで、こういうことを怒らせずにアメリカ人に伝える手立てはないものかと思います。アメリカ人は誰も自分が「分不相応な買い物をしてる」、とは思ってないはずなので・・・。
[PR]
by kinky25 | 2010-10-12 14:12 | カンキョウの話。

Arcade Fire / Greek Theatre, UC Berkeley

UC(カリフォルニア州立大学)システムの中でも最高峰であろうUCバークレー校を擁するバークレーはまた、ヒッピーカルチャー全盛の時代にはヒッピーたちの聖地でもあった。インテリジェンスとオルタナ文化、上流とゴロツキが不思議に調和して共存する大学街の中心に位置するグリーク・シアターは、古いコロセウムのような野外劇場。草(?)の香りがたちこめるこのVenueに、これほどふさわしいバンドもない・・・アーケード・ファイヤ。

b0069365_140182.jpg
2日間のバークレー公演(キャパ8000以上)をほぼソールド・アウトにしたカナダ・インディーズの大物は、果たして「ライブ・バンド」としての前評判を全く裏切らなかった。勾配の急なグリーク・シアターは、すり鉢のようにステージに向かって逆円錐が収束しているのだが、その逆円錐の底に向かって流れ込んだ興奮、熱気、踏みならす足といったものの重みで、劇場の底が抜け、その先には宇宙のような広大な闇がただただ広がっている---観衆はみな、音楽に体を委ねて飛び跳ねるうち、いつしかすとんとその闇に解き放たれている。

・・・・という幻覚を(草ではありませんが)見た。この感じは、このバンドの前にはたった一度しか感じたことがない。レディオヘッドである。ライブ会場の時空をねじまげ、強力な磁場で観衆を宇宙のごときだだっ広い闇の世界へ連れ去ってしまうレディオヘッド、彼らと同じようにアーケード・ファイヤもまた、ライブ空間を再構築し、どことも知らない裏穴から、オーディエンスを巨大な彼岸の世界へ放り込んでしまう力を持っている。

b0069365_1435418.jpg
間違いなく後世に名を残すであろうバンド、アーケード・ファイヤ。彼らのすごさはやっぱりライブで体感するものだろう。この振動に身を委ねたならば、孤独や絶望のその先にあるものが解き放たれて、彗星のように遠くに流れていくのが見える。
[PR]
by kinky25 | 2010-10-05 13:59 | 音楽

本当に不況なのか?

景気が低迷しているのは日本だけではなく、アメリカもカリフォルニアもあまり状況はよくありません。カリフォルニアは州政府に本当にお金がなく、予算は成立しないし給料が下がるだけならまだしもついに州職員もレイオフの対象に?なんていうレベルです。

でも、これが単なる景気後退の状態であるとはどうしても思えません。地球上にある資源(富)が限られているとすれば、景気がどうこうというよりも、結局は一定の大きさしかないパイをどう配分、分配するのかという話になる。今まではいわゆる「先進国」がそれを一人占めしていたのが、ここのところじわじわと、しかし着々とその富が中国などの新興勢力に流れ始めている、というだけのことのような気がします。

b0069365_15541674.jpg資源(富)が流れ出してしまうと、これまで先進国に入ってきていた分け前は当然のこと減るわけで、だから景気後退というよりも、先進国にとって、今までの取り分はもう確保できない、というフェーズに入ってきた、と考えるほうが私なんかにはしっくり来ます。資源のない日本の取り分は特に大打撃だと思われ、これからも減る一方なのでは。

ですから、尖閣諸島問題なんかも偶発ではないでしょう。富をたくわえ、世界での影響力・プレゼンスを高めた中国にとって、日本との喧嘩はどんどん勝算のあるものになってきてる、ということだと思います。どの国にとっても、簡単に刺激できる国ではなくなってきている上、今回のことで証明されたように、中国には日本に対して「人質」にとれるものがたくさんある。表に出るものだけでも、資源の対日輸出禁止、日本の現地法人の財産・人材への圧迫、中国人観光客の来日の中止、どれをとっても日本には大きな打撃になる。

一方、日本が中国と喧嘩して勝てる要因はあるのか?切り札は何なのか?と聞かれたら、誰しも「う~ん・・・」とうなってしまうのでは。

「政府は毅然とした対応を」と言うのは簡単ですが、毅然とふるまうための後ろ盾は何なのか、ということをちゃんと考えていかないと本当にまずいと思います。今のところ、後ろ盾はスネオ(日本)の後ろにでーんと控えているジャイアンだけ、という非常に心もとない状況。ジャイアンが心変わりしたら一発アウトということにもなりかねない。しかも、スネオの唯一の売りは家が金持ち、ということだったのに、それがお金もない、ということになってしまったら、スネオのジャイアンにとっての利用価値も激減するというものです。

ものごとを景気のせいにすると、単にサイクルの問題で、そのうちまたよくなる、という幻想を抱いてしまいがちですが、世界レベルで富の再配分が起こっているとすれば、新しい「取り分を決めるルール」に適応する必要があり、それは生半可なことではないと思われます。もちろん一番乱暴なルールは戦争ということになるわけで、そんなことにだけはなってほしくないのですが・・・・。


写真: 超財政難にあえぐカリフォルニア州、シュワちゃんの後釜を決める知事選は11月。何とも対照的な2候補、政治未経験で億万長者の元イーベイCEO メグ・ウイットマン(共和党)対 30年前の知事再登板 政界一筋、リベラルな変わり者(?) ジェリー・ブラウン(民主党)。
[PR]
by kinky25 | 2010-10-02 15:47


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧