タグ:オーガニック ( 4 ) タグの人気記事

オーガニック・コスメ。これ、いいかも・・・。

化粧品は、アメリカに来てもずっとDHCを使ってました。試行錯誤した結果、肌と髪のケアは、自分の国のものが一番いいと思ったからです。でも、先日ローションを切らしてしまったので、たまたま買い物に行ったNatural Food Co-opで、これを買いました。↓真ん中の、Perfecting facial tonerというやつ。コエンザイムQ10につられました。

b0069365_13385224.jpg・・・・なんじゃこりゃ。

使い始めた次の日から、お肌がしっとりつるつる!

いえ、もう曲がり角をすぎておりますので、しっとりもつるつるも、完全に「当社比」なんですけど、それでも、昨日と手触りが全然違ったのです。まあ、新しいコスメって使い始めて数日はなんだかすごくいい感じがすることって多いので、もう少し見守ってみたいのですが、それにしてもここまで「わっ!違う!」と感じたのは久々でした。ただのローションなのにね。

これを作っている会社、Avalon Organicsに俄然興味を持ち、Webで調べてみました。サクラメントから車で3時間ほどの街、Petalumaに本社があって、従業員50人。小売ベースでの年商$90million(100億ぐらい)。

社員50人ってそんなに大きな会社じゃないですよね。でも、すごくアグレッシブに会社の理念を追求しているようです。オーガニックの品質にこだわり、人工的な化学物質を極力排除。オフィスも倉庫も100%ソーラー発電で、リサイクルを徹底。全部は書きませんが、言ってみれば、「環境マネジメント」の授業の題材にできそうな優等生ぶりです。ちなみに50人で年商100億ってすごく効率いいんじゃないでしょうか。小売の世界から離れて久しいのですが。

ところで、EUといえば環境対策では世界最強の厳しい法律を課しています。それがグローバルスタンダードとなって、他の国が真似することもしょっちゅう。そのEUで、Cosmetic Directive(化粧品指令とでも訳すのかな)が2003年に改正され、化粧品に含まれる1100種類に及ぶ化学物質が規制の対象になったそうです。Avalonは、このDirectiveを100%守っているらしい。さらに、化粧品にはほとんど入っている保存料のパラベンを排除するために、1億以上のお金を投資したとのこと。

社員たった50人の会社で、リスクをはって理念のためにお金を使い、ポリシーを貫きとおすというのはとても勇気の要ることだと思います。パタゴニアにも通じる潔い姿勢です。そしてまたまたパタゴニアに通じるのが、「モノがいい」(パッケージは超ミニマルですが)ということであり、「社員が社員であることに誇りをもって働いている」、というところです。

化学物質を排除する、と人事のように書きましたが、化学物質って現代の生活の中には、気が遠くなるぐらいあふれかえっています。それを減らすというのはおそろしく手間と時間がかかり、プロセスの効率が下がり、製品の保存期間が短くなり・・・・といろんなリスクをともないます。この社員50人の会社は、それをやって、ソーラーパネルで発電して・・・・。でつくっているのは、ただでさえコストの高いオーガニックの化粧品。

なのにですね。

高くないんです。このコエンザイムQ10のローションで$10ちょっとだったんです。

グリーンプロダクトは値段が高い。消費者はそれにプレミアムを払わなければならない。・・・というのが定説ですが、これ、なんでこんなに安くできるんだろう。しかもしっとりつるつるになるのに。何がどうなっているんだろう???もうちょっと調べてみたくなりました。

ところで、Last but not leastなんですが、しっとりつるつるは何が勝因なんでしょうね。化学物質が入っていないからなんでしょうか。オーガニック・コスメも、もう少し調べてみないとな。効き目があるとなると急に興味を持つなんて、ゲンキンかしら・・・。
[PR]
by kinky25 | 2007-10-10 13:29 | カンキョウの話。

Heirloom Corn

トマトがおいしかったので、今度はトウモロコシのHeirloomを試してみました。

これはまた何と。

「おいしい」というか「おいしくない」というか、評価がわれそう。

b0069365_12575743.jpg昔のインディアンの人たちが作っていたような、粒によって白、黄色、紫なんて具合に色が違うHeirloomもありますが、今回のはまっ黄色なその名もTrue Goldという種類。

見た目はかなり黄色っぽいトウモロコシだな、という程度で、そんなに違った感じはしないんですが、ゆでてみてびっくり。

めちゃChewy。粒を包んでいる皮もかなり固いし、中のトウモロコシ部分も噛み応えがかなりあって、水気が少ない。甘さはあまりなく、トウモロコシの香りが前面に出てます。お店でも「not so sweet but very "corny"!」と書いてありましたがその通り。

昔のトウモロコシってこんなだったのか~と思いました。品種改良って、すごいもんなんだな~とも。今ではトウモロコシといえば皮やわらかく、ジューシーで甘い。こんなに違うとは。うーーーん。へーーーー。何かすごくうなってしまいました。

そういえば、買うときに「オーガニックのトウモロコシに慣れてます?」って聞かれました。もちろんNoと答えました。そしたら、「外の皮が全部ついたやつは、中に虫がいるんですよ。切ったのこちらにあるけどどっちにします?」

もちろん切ったほうにしたけど、やっぱりオーガニックって大変なんだなあ。ありがたく頂かないと、と思いつつも、「中の虫はトウモロコシを食べないの?どうやってきれいに駆除するの?ちなみにどんな虫?」などの疑問がわいてきた。聞けばよかった。今度聞いてみよう。
[PR]
by kinky25 | 2007-08-27 12:56 | アメリカの野菜

Organic vs All Natural / Red Nectar Ale

b0069365_13545375.jpg前からなにげに気にはなってたんだけど、調べようと思ってずーっと忘れてそのままになっていた。食品に書いてある"All Natural"。そしたら今日All Natural Aleというビールを発見。Red Nectar Aleという銘柄です。All Naturalっていろんな食品に書いてあるけど、ビールは初めて見た。

オーガニックではないらしいし、生産者が「勝手に書いてる」感のあるAll Natural。いったいなにをもってAll Naturalと言うのやら?中には普通の製品と値段が全然変わらないものもあるので、私はあんまり信用してなかった。

ほんとはUSDA(アメリカの農水省にあたる)のHPで調べようと思ったのだが、その情報までたどり着かず挫折。Howstuffworksから抜粋したのを下に転載したので興味のある方は。勝手に要約しますと、

b0069365_13532523.jpg「オーガニック」はUSDAがちゃんと定義している。化学肥料や殺虫剤、遺伝子組み換え、成長ホルモン、食品照射、抗生物質を使わないで生産されたもの。だそうです。USDAがCeritificationシステムを持っているので、このマーク←が「お墨付き」の目印。Trader Joe'sやWholeFoodsでよく見かける、おなじみのマークでございます。

一方のAll Natural。私の印象どおり、明確な法的定義はなくて、生産者が自己申告してるらしい。一般的には、「最小限のプロセスを経てできたもので、保存料を使っていないもの」とのこと。All Natural、という響きの割には・・・・という気もするがどうだろうか。保存料が入ってないだけで、他の添加物は入っている場合もあるということ?など、疑問もわいてくる。

ところで、このビールに高らかに宣言してあるってことは、普通のビールには保存料が入っているってことですね。というか、保存料の入っていないふつうの食べ物って、いったい全体あるのか?という気になってきた。

ちなみにこのRed Nectar,おいしいです!実にいい香り(Aroma)があって。Good。

Organic food must be produced without the use of sewer-sludge fertilizers, most synthetic fertilizers and pesticides, genetic engineering (biotechnology), growth hormones, irradiation and antibiotics.

"Organic" does not mean "natural." There is no legal definition as to what constitutes a "natural" food. However, the food industry uses the term "natural" to indicate that a food has been minimally processed and is preservative-free. Natural foods can include organic foods, but not all natural foods are organic. Only foods labeled "organic" have been certified as meeting USDA organic standards.
[PR]
by kinky25 | 2007-07-01 15:18 | カンキョウの話。

Whole Foods Market 対 Trader Joe's

急遽安全な食べ物に目覚めたにわかロハス女ですけど何か?

さて、そうなると普通のスーパーで買い物する気が俄然失せました。日本もそうなのかも知れないけど、アメリカの食べ物こわい。

なのでここで買います。Whole Foods MarketとTrader Joe's。

b0069365_13125417.jpgWFM。World's leading natural and organic foods supermarketだそうです。明るい吹き抜けの店内は気持ちよく、品揃えもこぢゃれてる(笑)。オーガニックの種類の豊富さには驚きます。これを書くのでHPを見てみたけど、すごく充実。オーガニック農業や、Sustainableな漁業についてかなり骨太の情報が満載です。


b0069365_14294232.jpg
Whole Foodsの名前のとおり、量り売りが超充実。穀類、豆類、ドライフルーツなどはもちろん、油やハチミツも量り売りOK!乾燥豆、玄米なんて初めて買ってみた!(どうやって料理すんの?)肉魚も普通のスーパーのよりきれい。デリも充実してて昼時だったので混んでました。それにしても量り売りって何であんなにテンションあがるんだろう。

次がTrader Joe's。アロハー。(なぜかハワイアンなのです)b0069365_1330134.jpgTJはWFMほど自然食品を前面には打ち出していませんが、ユニークで「いいもの」を揃えてたら自然とそういうのが多くなった、という感じなのかな。世界中のおいしい食べ物を扱う自社ブランド品が充実していて、全部おいしい。そして、茶目っ気があります。



b0069365_1332966.jpg

最初異変に気がついたのはこれ。・・・ん?トレーダージョーさん?見間違いかと思ったけどやっぱりトレーダージョーさん。




b0069365_1442425.jpgイタリアンはトレーダー・ジオット!チャオ。他にもアラビアン・ジョーなど世界各地のジョーさんが登場するのです。






b0069365_14292757.jpg
商品の差別化として、「○○無添加」というのをたくさん表示しているのですが、その表示もこんな。Our cows say  NOOOOOO(モォォォォのかわりにね)。

TJの商品には保存料なし、着色料なしはもちろん、グルテン・フリーとかNO MSGとか色々な表示がある・・・するってーと普通はそれが全部入っているってことですか?って聞きたくなる。ていうか聞いても何それ?だったりするからこわい。知らぬが仏とはこのことよ。

WFMもTJもハイエンド寄りのお店(TJには安いものもあるけど)なので、うっかりするとすぐ50ドル60ドルすぐいっちゃう。でも、どっちも買い物が楽しい~!

パタゴニアと同じ。企業の理念がきちんとしていてぶれず、客やサプライヤーをちゃんと見ている。だからMD(マーチャンダイジング)がしっかりしている。

WFMはおしゃれ、TJは楽しさとテイストは違うけれど、方向性がはっきりしていて迷いがないのは一緒。こういう会社の仕入れは楽しそうだなあ。

そんなわけで我が家のエンゲル係数は上がっていく一方。しかしよく考えたら、「食べ物の値段」ってそれが適正なのかもなぁ。農業だって漁業だって資源も労働力もたくさん必要な産業。そんなに安くできるわけもない。安いほうが何かあると思ったほうがいいのかも。



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kinky25 | 2007-03-23 15:06 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧