タグ:排出権取引 ( 4 ) タグの人気記事

岐路に立つキャップ・アンド・トレード

温暖化対策のための政策として、「キャップ・アンド・トレード」はすっかり定着してきたように思えます。ヨーロッパのEU ETS(Emissions trading scheme)という制度は2005年にテストランが始まり、2008年からは第2期に入っています。これに続けとばかりに、各国・各地域で法案が提出され、喧々諤々の議論が戦わされてきました。

2005年ぐらいから活発化したこの動きは、オーストラリアやニュージーランド、カリフォルニア州、そしてアメリカの連邦議会などで、実際に法案が出されるまでになりました。そして私の働いているカリフォルニア州では、AB 32という法案が実際に通り、2012年の開始を目指して法則づくりに入っています。

温暖化ガス規制に向けて、世界レベルで動きが加速するか ---- に見えた、この数年でしたが、ここに来て、オーストラリアの法案は議会で可決されず、アメリカ連邦議会でも今年通過の見込みはだいぶ薄くなる、という状況に変わってきました。

今年の末には、コペンハーゲンでCOP15(京都議定書後の枠組みを話し合う国際会議)があるので、どの国も「コペンハーゲン」を合言葉に、それまでに何らかの制度を確立しようとがんばっているのですが、温暖化ガス規制への風は、ここに来て一気に逆風。アゲインストの風が吹き荒れています。

一番の理由は、世界的な景気の後退です。ただでさえ打撃を受けている産業界からは、これ以上のコストは産業に大きなダメージを与える、という大きな大きな声があがっています。

さらに、中小企業や低所得者層などからも、電気代といったエネルギーの料金があがると経営や生活に大きな打撃になる、という強い反対の声。

「地球にやさしく」「持続可能な未来を」と言うのは簡単ですが、いざ自分の電気料金があがるかもしれない、となると、やはりきれいごとではない人間の面が見えてきます。特にこの不況で、どの国も失業率があがっているため、温暖化政策は、さらに失業率を増やす、という見方をする人も多く、反対派の人たちは「キャップ・アンド・トレードは生活のコストを大幅に上げ、仕事も奪う」というネガティブ・キャンペーンを行っています。

実際には、規制によって得た財源は、中小企業や低所得者保護のために使うこともできるし、制度が始まっていきなり電気代がはねあがるようなプログラムは誰も作らないとは思うのですが、それでも、事を極論化して、賛成派と反対派があからさまにケンカする、というようなあまりよろしくない状況ができてきつつあるように思います。

「今」を基点に、誰が損するのか、という議論がヒートアップしてしまうと(もちろんそれはとても大事なことですが)、そもそもの問題が忘れられてしまう気がして心配です。温暖化の規制は、私たちのためにやるのではない。子供たちのためにやるのだと私は思っています。今自分がいい暮らしをするためになら、子供が犠牲になってもいい、と思える親はそうはいないはずなのですが、もちろん事はそんなに単純じゃない。

感情がヒートアップするなかで、ケンカに勝つか負けるかが目的になってしまわないことを、血が流れないことを(比喩的な意味でですが)、祈るばかりです。正直、少し背筋が寒いものを感じている今日このごろです。
[PR]
by kinky25 | 2009-08-23 16:00 | カンキョウの話。

発見・森林間伐等促進法案。

先日割り箸と間伐の話を書いてから、気になっていろいろ調べています。

ところで、最近「森林」と聞いて思い出すのはカーボン・オフセットではないでしょうか。木(植物)は、光合成でCO2を吸収して、C(炭素)部分を体内に貯めることができますよね。なので、木を植えれば空気中のCO2を取り込んで貯蔵してくれる、という考え方です。英語ではcarbon sequestrationと呼ばれます。

カーボン・オフセットを買うと、木を植えてくれる、というサービスも少しづつ浸透してきてると思います。つまり、「温暖化対策のためには森林をきちんと管理しないといけない」という意識は高まってきているはず。

というか実際、京都議定書には、日本の森林吸収目標(1300万炭素トン)がちゃんと定められている、と。

一方、今年始まった第1約束期間で、日本は目標を達成できそうにないので、ハンガリーから排出権を買う、という話もありました。

排出権を外国から買う、という意味は、国内では削減のためにこれ以上できることがないので、できる国にやってもらってその分お金を払うということです。でも京都議定書の場合は、「ホットエアー」などと呼ばれていろいろ問題もある排出権取引。さらに、「買ってるのは実は日本だけ?」というような妙な国際関係もあり、ちょっと釈然としません。

日本の森林が危機的状況にあるのに、そこまでして海外から排出権を買うっていうのはどういうことなんでしょう?

ていうか、そのお金で間伐促進をして、たくさん炭素を吸収できる健康な森をつくったほうが建設的ではないのでしょうか??

・・・・もちろん現実はそこまで単純じゃありませんが、温暖化の予算を間伐促進に回せれば、森林の回復と温暖化対策をいっぺんにやれて一石二鳥じゃないですか?

と思っていたら、森林間伐等促進法案というのが国会に提出されて、成立を目指しているそうなんです。全然話題になってない気がするんだけどどうなんでしょう。法案の内容を全部読んだわけじゃないけど、コンセプトとしては絶対に必要なものだと思われます。

もう少し調べてみます。
[PR]
by kinky25 | 2008-05-26 13:46 | カンキョウの話。

排出権取引・もう一度おさらい。

日本はついにハンガリーから排出権を買う方向で交渉を始めたそうです。もし日本がハンガリーから1000万トン全量を買った場合、200億円規模の出費になるとのこと。大きなお金ですね。

ところで、排出権取引ってそもそも何?

CO2排出をみんなで減らそう、という国際的な話し合いは、ずいぶん前から重ねられてきましたが、なかなか進みませんでした。みんな他の国より貧乏くじをひきたくないわけで、「誰がどれだけ減らす」かを決めるので常にもめています。京都議定書も、その過程ではずいぶん紛糾したようです。

b0069365_15132682.jpgその中で浮上してきたのが、排出権取引です。これはいわば、自分で減らすのが無理とわかった時点で、よその国にお金を払ってCO2削減を「代行」してもらうしくみです。この仕組みを導入することによって、「どうしても減らせない場合は、お金で解決できる」という逃げ道と、「目標以上に減らしたら他の国に売れる」というインセンティブができました。



取引で支払われたお金は、省エネ対策などに使われることになっています。

「代行」と書いたんですけど、では今回の場合、ハンガリーは、日本に排出権を売るために、具体的には何をしているのでしょうか。

もしかしたら、何もていないかも。

そもそも、EUは京都議定書にEUとしてグループで参加していて、削減目標もグループ全体で設定しています。京都議定書は1990年の排出レベルに対してX%削減、という目標です。東欧の国には、経済が停滞してしまったために、何もしなくても1990年よりもCO2の排出量が減っている国々があります。そういう国が、EUのグループ目標の達成を簡単にし、さらに日本のような国に余剰の削減量を「売る」ことさえ可能にしている、というわけです。これは「ホット・エアー」と呼ばれたりもしています。ハンガリーの場合はEU加盟が遅かったので、EUではなく単独で6%削減という目標を与えられていますが、経済停滞によるホット・エアーを持っている、という部分は同じです。

「経済が停滞すること」でご褒美をもらうようなもので、「削減努力の成果」とはいえない、という事実は否めません・・・・。

結局のところ、京都議定書はフェアではないし、国家間の排出権取引の枠組みは、とても政治的です。日本と並んで一番厳しい目標を背負っていたカナダ(一国で6%削減。EUはグループで8%削減)が早々に達成をあきらめて抜けてしまったので、日本は一人おいてきぼりになって四苦八苦している、という感じもあります。もしかしたら、お決まりのパターンで、結局お金を払うのは日本だけ??

国際間でCO2削減を話し合うCOP13(国連気候変動枠組み条約)がもうすぐ始まりますが、またまたもめそうです。(京都議定書はCOP3でした)

何はともあれ、排出権取引のような政治的な動きと、一人ひとりがCO2を減らす努力は、わけて考えようと思う今日このごろです。どこの国がどう動こうが、誰が貧乏くじをひこうが、「減らさないといけない。」という事実は変わらないのですから。
[PR]
by kinky25 | 2007-12-02 15:33 | カンキョウの話。

シュワ goes Green...?

アメリカは合「州」国。州にはかなりの自治権があります。連邦政府は最低限の規制をするだけで、そこから先は州の意思。大きい国なので、州によってその様子はだいぶ違います。豊かで先進的な州は、連邦政府よりも進んだ/厳しい規制を独自でしいて、連邦政府の「先を行く」のがかっこよく、その最たる州の一つがカリフォルニア。

それもそのはず、カリフォルニアは単独で世界4,5位の経済大国(州)!G8の小さい国たちよりもお金も力も人材も、そして責任もあることになります。シュワちゃんはG8の首相並みのVIP。

b0069365_1394368.jpg環境政策においてもカリフォルニアは連邦政府の何歩も先を行っていて、それを誇りに思っているようです。シュワちゃんもわりに環境には熱心で、まめにグリーンぶりをアピールしてます。環境政策は欧高米低と、いうのを前に書きましたが、最近では、のろのろしている連邦政府を差し置いて、カリフォルニアは単独でヨーロッパにアプローチするという傾向が顕著。

今度は、「EUの炭素排出権取引の枠組みに、単独で参加」するために、本格的にヨーロッパと交渉を始めたそうです。まずはシュワがドイツの外相と会談の予定。

2つの面白い側面があると思いました。

1つ目は、温暖化対策に消極的な「アメリカ連邦政府」を差し置いて、大きい州が自主的にハードルを上げて、世界との協力を模索する、という流れができるかもしれないということ。連邦政府は、いやだなあと思ってるんじゃないかなあ。でも、他の州が続いたら、さすがに重い腰をあげないといけなくなるはず。

2つ目は、カリフォルニアといえばシリコンバレー、というポイントです。シリコンバレーには今ではシリコンを「製造」している会社はあまりありません。GoogleやYahoo、そしてたくさんのソフトウエア会社があり、ざっくざっくと利益を上げています。
彼らはPCなどのモノはつくっていません。モノをつくっていないおかげで、「環境問題」のやり玉にあがることはほぼなく、例えば「家電リサイクル法」みたいなものができてもおとがめなし。でも、ソフトウエアとかインターネットって、PCがないと使えないじゃないの~?利益はがっぽり、でも環境対策の負荷はハードウエア製造会社におまかせ。おいしいとこだけ持ってっちゃって、フェアじゃないな~と、前々から思っていました。
でも、カリフォルニアが排出権取引の枠組みに参加して、ソフト開発系の勝ち組たちが排出権をがんがん買うようになれば、不公平感はだいぶなくなるような気がします。fair shareじゃないかと。

カリフォルニア、ぜひ勝手にEUの枠組みに入って、一旗揚げて(?)ほしいなあ。がんばれ。
[PR]
by kinky25 | 2007-09-05 13:12 | カンキョウの話。


筆者: 環境庁勤務・一児の母。 生息地: カリフォルニア・サクラメント。  ブログについて: サイエンスとトレンドを融合した、わかりやすいエコ・温暖化・サステナビリティ。コメント歓迎です(除く営業)


by kinky25

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Link

ランキング参加中です。楽しんでいただけましたら、お帰りはこちら(↓)から。またのお越しを。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このサイトをリンクしていただいています。Check it out!
オルタナ


日本のエコを世界に発信!
eco-samurai




SustainableBusiness
Business for SR
Climatebiz
Environmental Leader
Green-LinksNY
O2 International
GreenSuppyChain
Design:Green
WBCSD
E-recycling


Mailはこちらから
Kinky25

スキンはこちら
animal skin

以前の記事

2011年 09月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
カンキョウの話。
アメリカ/カリフォルニア
音楽
Life/レシピ&small boy!
サクラメント
アメリカの野菜
未分類

タグ

(41)
(29)
(28)
(28)
(25)
(19)
(19)
(18)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
(4)
(4)

最新のトラックバック

広告業界がカーボンフット..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
ブログ意見集: バイオ燃..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
ワイルドターキー!.....
from A little somet..

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧